美少女ゲーム > バニラ > 兄嫁 【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年10月26日
イラスト 森村亮介(キャラデザ)
声優 森山式宇 / 瀬尾浮郎 / 大江史 / 谷文子 / 緒山佐和
その他原作:Selen ADVANCE「真・兄嫁」
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
何事も無かったかのように朝食をとる兄夫婦と僕。
僕は義姉さんを見ながらトーストを頬張った。
学園で、いつもと違う僕に気付いた美沙が話しかけてきた。
「今日は、どうしてそんなに明るいの?」「君のおかげさ」「?」。それは本当だった。
美沙の「私なら復讐する」という言葉がきっかけだったのだ。
夕方、「何も無かった事にしましょう」という義姉さん。
「兄さんに話してしまえば…何なら僕が言おうか?」義姉さんは驚いていた。
その脅えた義姉さんを見てるうちに、欲望を抑えられなくなった僕は、
再び義姉さんを僕のモノにした。ジョーカーを手にしたものは強い。
そんな僕の愛撫に、「だめ、やめて、そんなこと」と言いながら、
義姉さんは昨日にもまして感じている。
僕はしっかりと愛撫して、義姉さんの体をたっぷりと楽しんだ。
乳首を嘗め回し、クリトリスを愛撫し、後ろから責め立て、
「正気に戻って」という義姉さんの中に、激しく精を注いだ。
次の夜、家では兄の食事が用意してあった。「今日はお預けか…」、
11時を回っても兄は帰らない。「騙したな、お仕置きだ!」僕は、
義姉さんが寝ている寝室に行き、義姉さんを責め立てた…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003128
ファイル名/ファイル容量
VJ003128.zip / 381.11MB (399619627Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

兄嫁 【後編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「兄嫁 【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

身近な人だからいいのです

2010年10月19日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

身近な人、つつましく一輪の花のような存在で、手に届くからいいのです。
そういう安らげる存在、温かく迎え入れてくれる存在をわが掌中におさめることこそ、かなえることができにくい夢であり、切望なのです。
このような女性が直面した問題に抗いながら、丸めこまれないようにしようとするからこそいいのであって、いきなり感じられたり、あへ顔されたら興ざめです。
そういう原作のよさを残しているから、作品が成立しているのかなと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]