美少女ゲーム > バニラ > 爆乳母娘 【第弐章】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年10月12日
シナリオ 須永成人
イラスト 中曽根学(キャラデザ)
声優 土王美子 / 五竹行緒 / 相田克己
その他原作:ブルーゲイル「MILKジャンキー」
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
美月に現場を発見された優介。部屋は気まずい雰囲気に変わって睨み合う母娘。
そうこうしているうちに、美月は上着を脱ぎ、爆乳を露にしていく。
「先生?玲奈と私、どっちがいいかオッパイで決めて!」
優介の目の前には、玲奈と美月の四つのオッパイが並んでいる。
交互に二人のオッパイを舐めていく優介。そして、そのまま3Pへと突入していく。
「先生、どっちがよかった?」「私でしょ?」「いや、私よ!」
またしても小競り合いをはじめてしまう玲奈と美月。
「こうなったら勝負よ!」幸か不幸か優介の「巨乳ライフ」は更に過激さを増すのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003123
ファイル名/ファイル容量
VJ003123.zip / 396.99MB (416277263Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

爆乳母娘 【第弐章】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「爆乳母娘 【第弐章】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ハーレム!!揺れまくり

2010年04月15日   投稿数 : 7位

このレビューは参考になった×0人

タイトルは違えどあのジャンキーシリーズのアニメーション作品の後篇。
娘とイチャイチャしていたら母に見つかってどうなる事やらと思って
いたらハーレムに突入というなんともおいしい展開に。
パイズリもちゃんとあるし、原作の魅力を殺さずよく活かしているので
非常に見応えがある。
巨乳好きな人にオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]