美少女ゲーム > バニラ > 乳母 【第壱章】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年10月02日
シナリオ 乱内慎二 / アメリカン・パイ
イラスト 杉並大福(キャラデザ)
声優 富山澄 / 富士弘子 / 馬山貴
その他原作:牧野新橋
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
「マ…、ママ!!」薄暗い地下室。鎖でつながれ痩せこけた男の顔が、
巨大な乳房に挟まれている。女の乳首から母乳がピュッと出て宙を舞い、男の顔にかかる。
男は絶叫と同時に力尽きる。その横で、母乳と汁まみれの女が恍惚としている。
佐野恭子は、夫に先立たれ女手ひとつで一人娘の真理香を育てている。
若い頃から多量の母乳が出た為、乳母として多くの子供に乳をやっていた。
その話を真理香にした時、恭子は真理香の上級生に昔乳母をした
伊手冬治がいることを伝える。冬治は、今でも乳母の恭子を慕い
あの巨大な乳房が忘れられない。真理香にとっては、少し頼りないがやさしい兄として
彼氏として、冬治は満足すべき相手になった。そして、冬治が真理香の家を訪ねたある日。
久しぶりに逢った乳母の恭子。「まぁ、冬治さん久しぶりね」懐かしさのあまり、
冬治を抱きしめると顔に巨大な乳房があたる。深夜泊まった冬治の部屋に入る影。
月明かりに照らされたのは全裸の恭子だった。冬治の前に突き出される巨大な乳房。
「私のかわいい坊や、早く吸って」「ママ、逢いたかったよ」乳房にむしゃぶりつき、
なめ回し乳首に吸い付く冬治。「あ〜、そんなことしたら…だめ…」!!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003120
ファイル名/ファイル容量
VJ003120.zip / 385.41MB (404127436Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「乳母 【第壱章】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件