美少女ゲーム > バニラ > BAD END 【後編】

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年08月10日
シナリオ 真壁六郎太
イラスト 矢口真理男(キャラデザ)
声優 山尾孝志 / 加納舞 / 浅井美紀 / 内園千秋 / 中村良太
その他原作:ルーフ
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
七瀬の父が獄中で自殺する。無実だと信じていた七瀬は、父を失ったショックで
一時錯乱するが、やがて激しく拒否はするものの、その体は男たちを異様なまでに
求めるようになるのだった。そんな七瀬を、大張や美樹本たちは、
「都合のいい女」として好き勝手にもてあそぶ。
教師の葵つかさはテニス部の顧問をしていた。
そんな彼女が“贖罪新聞”を偶然見たことによって七瀬へのイジメを知り、
止めようとする。しかし、逆に捕まってしまい、暴徒した学生たちによって
滅茶苦茶にされてしまうのだった。だが、つかさが読んだ“贖罪新聞”というのは、
美樹本が書いた物でも成美が書いた物でもなかった。
第三の執筆者は誰か?そしてそれは美樹本版以上にリアルに記された物で、
ジャーナリスト志望の美樹本としては嫉妬を覚える。
果たしてこれは、誰が書いたのか?まどかか、つかさか、あるいは…?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003103
ファイル名/ファイル容量
VJ003103.zip / 360.61MB
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

BAD END 【後編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「BAD END 【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件