美少女ゲーム > バニラ > THE UROTSUKI 【第3章】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年07月27日
シナリオ 伊達憲星
イラスト 小林靖(キャラデザ) / 金剛時弾
その他原作:前田俊夫
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
横浜で超神発動の証拠を掴んだ魔界衆は、脳腫瘍の完治という
奇跡的な症状を見せる尾崎を超神と睨む。一方、天邪鬼も大黒埠頭で拾った
ビデオ・カメラの情報から、尾崎に目を付けていた。魔界衆の一人、
土角竜は尾崎の恋人である百合を拉○し、尾崎の目の前で百合を凌辱しまくる。
尾崎の怒りが頂点に達すれば、彼の体内に宿る超神の力が発動するはずだった。
逆に尾崎に宿るパワーが炸裂。尾崎は怪物に変身し、土角竜ら、
魔界衆を瞬く間に倒してしまう。それを目撃した天邪鬼も、
魔界の者たちも尾崎こそ超神と確信した。そして遂に変身し自分を失った尾崎は、
それが魔界衆の罠と知ってか知らずか、魔界衆の待ち受ける場所に向かった。
学生拳闘選手権会場に来ていた尾崎の親友の南雲も、
天邪鬼に連れられて尾崎の後を追っていた。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003093
ファイル名/ファイル容量
VJ003093.zip / 519.42MB (544652463Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:40分

THE UROTSUKI 【第3章】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「THE UROTSUKI 【第3章】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件