美少女ゲーム > バニラ > リトルモニカ物語 【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年07月17日
シナリオ 真壁六郎太
イラスト 薩摩屋蒸気(キャラデザ)
声優 門間和也 / 池羽田成美 / 麻生蘭 / 白木英子 / 近江千佳子 / 大西和正
その他原作:ルーン
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
ウィルは現状を知るために三姉妹と共に街に出る。
すると彼らはそこで例の尼僧に出会った。母に似た尼僧に声を掛ける三姉妹だが
「私には子供などいません…」と言われる。
そう言われると、面影を知るセリアでも母だとは断言できず、顔を覚えていない
下の二人にはどうすることも出来ない。尼僧のことが気になって街に戻っていたミャウは、
姉妹たちの様子を見ていて、あとからミャウは、
猫たちから聞いたカジョーのことを話す。街の名前にもなったリトルモニカは、
街が本当に豊かだった頃、代々劇場を管理していた一族の末裔だった。
彼女の存在は、市民たちの幸福の象徴だったのである。
街を乗っ取ろうとしたカジョーはリトルモニカを亡き者にしようと背後から切りつけたが、
死んだはずの彼女の体は忽然と消えてしまった。
彼女の一族には、霊体となって他人の体に入り込める特殊な能力があるので、
恐らくそうやって身を隠しているのだろう。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003090
ファイル名/ファイル容量
VJ003090.zip / 403.18MB (422769019Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

リトルモニカ物語 【後編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「リトルモニカ物語 【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件