美少女ゲーム > バニラ > 贖罪の教室 【後編】

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年07月03日
シナリオ 真壁六郎太
イラスト 柳瀬雄之(キャラデザ)
声優 新井真衣 / 和泉浩江 / 篠崎恭子 / 豊田ちずる
その他原作:ru'f
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
「贖罪新聞」最新版。その内容は、七瀬の痴漢電車でのことと、
保健室での七瀬とまどかへのイジメのことだ。
七瀬は、まどかを巻き込んでしまったことで落ち込み、
自分は罪深い存在なのだから当然なのだと思うようになっていく。
正己は説明を始めた…。実は彼らは、殺された西野の子供だった。
平松の学生時代、学校では「贖罪新聞」という物が密かに出回っていたが、
それは西野によるものだった。イジメに参加する勇気の無かった彼は、
平松の行為を行為を書いてバラまくことで、彼が動揺するのを見て
密かな快感に浸っていたのだ。失業した西野は金に困り、十数年ぶりに平松と会った。
彼が塾経営で儲け、マスコミに顔をだすほどの成功者だったからだ。
西野は、昔のネタで脅して口止め料を引きだそうとしたが、
「贖罪新聞」を書いていたことがバレると、逆切れした平松に殺されてしまったのだ。
正己とさつきは、父の書斎で殺される直前まで書かれていた日記を見つけ、全てを知った。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ003084
ファイル名/ファイル容量
VJ003084.zip / 395.2MB (414393399Byte)
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

贖罪の教室 【後編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「贖罪の教室 【後編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件