({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 バニラフォローする
販売日 2007年06月12日
シナリオ 真壁六郎太
イラスト 三上知美(キャラデザ)
声優 大木真希 / 吉田沙也 / 三田菊子 / 神野英子 / 浅野順 / 島村みずえ
その他原作:Front Wing
年齢指定
作品形式
動画 / WMV形式アダルトアニメーション
その他
ジャンル

作品内容

【ストーリー】
そのユキトが目を覚ました時、そこは天羽神社だった。しかし、いつもと何かが違う。
周囲は切り立った岩山だし、空には絶滅したはずの見られない鳥が飛んでいる。
そして彼の手には、奇妙な形の剣が握られていた。
「時空が歪んでしもたのは、お前がエネルギー実験を暴走させたせいやで!」
いつの間にか隣にいる宇宙ウサギのイサオにそう言われた。
状況の掴めないユキトにイサオが説明する。
それはユキトたちが通う前羽根学園の保健室でのこと。
そこで養護教諭のオルガが、新種のエネルギー実験をしていた。
部屋に忍び込んだユキトは、手が放せないのをいいことに、オルガにいたずらをする。
オルガは嫌がりながらも感じてしまう。
そして二人が本格的なプレイに突入しようとしたとき、
ユキトがうっかり実験装置に触れて実験そのものを暴走させてしまった!
二人のみならず、人類全てが未知のエネルギーによって意識を失う。
イサオによると、この世は実験の暴走のせいで時間も空間も
めちゃくちゃになってしまったらしい。
これを元に戻すには、世界に放たれた七本の性剣を再び一つに束ねなければならない。
そしてそれは、事態を引き起こした本人でなければ出来ない。

作品情報/動作環境

ファイル容量
396.21MB
CPU
Pentium 333MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
その他
Windows Media Player Ver9以降 / 収録時間:30分

フーリガン 【前編】の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「フーリガン 【前編】」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!七本の性剣を取り戻す物語

2018年09月21日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公と六人のヒロインが持つ七本の性剣を集めるのが物語の筋です。性剣を奪うには、セックスで相手を参らせないといけません。
ヒロインが六人いますが、OVAの尺の制約もあってか全員に同等の出番はありません。
原作PCソフトは未プレイのため比較はできませんが、比較なくてもわかるくらい出番の少ないキャラもいます。

前編では、二人まとめて一シーン扱いの天羽姉妹(青髪と黒髪のキャラ)と、ヴィクトリア(薄紫髪のキャラ)がメインのエロとして存在します。
二人一緒なので個人としての描写は薄いですが、エロが薄いわけではないのでエロアニメとしては満足です。

エロ以外でも出番が多いのはマルグレーテ(緑髪のキャラ)。天羽姉妹はエロ以外の出番も少なく、台詞もほとんどありません。
それぞれ性剣の力というのもあるのですが、その出番ゆえに天羽姉妹の性剣の力については、アニメでは最後まで謎のままです。

物語は全編コメディで、女の子だけでなく宇宙ウサギのイサオも大活躍するストーリーです。
他のアニメなどのパロディも多く、作画パロディも存在。
世代の違いで私には元ネタが不明の作品もいくつかありましたが、有名どころは今でも通じる元ネタが多く、それなりに楽しめました。

そしてエンディングでは――原作で使われていたものの流用でしょうが――ある有名な方の熱くて格好いい主題歌も!
……アニメだけだと、ただ無駄に格好いいだけなのですが、いい歌声です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]