美少女ゲーム > エロゲーホンポ > 恥淫ノ教室~女教師とその娘を××する~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■ストーリー
主人公・如月了(きさらぎりょう)はとある学園の教頭。
教師という仕事に関しては「頭の悪いガキ供を虐めて金が稼げる仕事」
程度に考えているが、学園を運営する理事長の血縁ということで、
着実にその地位を築いていった。
そんな、理想的な学園で唯一の邪魔者が英語教師の紅林夕菜(くればやしゆうな)だった。
その容姿と気さくな性格から教え子や同僚からの人気も高く、自分の立場を脅かす可能性のある
夕菜をこのままにはしておけない…。
如月は夕菜を辱め、従属させる事を画策し、
まずは夕菜と同じ学園に通う娘・紅林鈴音(くればやしすずね)に狙いを定めた。
鈴音は一時の気の迷いでしてしまった万引きを運悪く如月に目撃されてしまう。
「お母さんも困るだろうね…」
如月の脅しに従い、鈴音は如月に辱めを受けることとなる。

■登場キャラクター
如月了(きさらぎりょう)
職業:教頭
主人公。
学園を運営する理事長の血縁と言う事で、年齢・実績に伴わない教頭職に就いている。
学園内での権限や楽に高報酬を貰える立場に魅力を感じ、この仕事を選んだ。
プライドが非常に高く、自分より他人が認められる事も我慢ならない性格。

紅林夕菜(くればやしゆうな)
若くして夫を亡くしながらも一人娘を育てている。
帰国子女であることを生かしたネイティブな英語力と独創的な指導法で
結果を残す優秀な英語教師でもある。
その容姿と気さくな性格から生徒・同僚からは性別に関係なく人気がある。

紅林鈴音(くればやしすずね)
夕菜の娘。夕菜の勤める学園での教え子。
園内では品行方正、成績もとび抜けたとまでは行かないが優秀で、スポーツもそれなりにこなす。
母子家庭であることもあり、母親の夕菜に世話をかけないよう、
しっかりしなくてはという意識が強く表面上とてもいい子で大変な努力家でもある。
学園内では一応、夕菜の娘と言う事は内緒なのもあり、夕菜とは距離を置いている。
実は内面的には、立派な母親に対して息苦しさを感じていたのだが…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002925
ファイル名/ファイル容量
VJ002925.zip / 397.54MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004201D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004201D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「恥淫ノ教室~女教師とその娘を××する~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

手軽に楽しめる作品

2014年12月13日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵を担当されている、みんめいさんが好きだったので即購入を決めました。
内容は女教師の母親に復讐するため、その娘の弱みを使い~と、このジャンルでは王道的な流れの作品です。
また、陵辱に至る経緯などの前置き部分を簡素にまとめていて、エロの部分を前に押し出しているのも良かったです。

特に心理描写などで感情移入を誘う作品ではないので、非常にお手軽に楽しめる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]