美少女ゲーム > RUNE > 今夜のオカズはレンジdeまりね

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
主人公・新名憐児(にいな・れんじ)は
毎日をのんびりと平穏に生きている大学生。

憐児はある日のバイトの帰り、とんでもない二人に出会う。

それは、ヒトならざるもの-------

勝手に決められた結婚が嫌で逃げてきた魔界のプリンセスと
彼女を追ってきた婚約者だったのである。

運悪く憐児は二人のケンカに巻き込まれ
しかも、なりゆきでプリンセスが人間界で見つけた
新しい恋人ということになってしまう。

まあ人助け(悪魔助け?)になればいいか、と
軽い気持ちでプリンセスの味方をした憐児だが…。

それがめくるめくピンク色の人生を送ってしまうきっかけになるとは
思いもよらなかったのである。


◆登場キャラクター
涼繁鞠音
魔界を統べる魔王の一人娘。すなわち、魔界のプリンセス。
年齢は人間に換算すると、だいたい24才ぐらい。
ややおっとりした雰囲気だが、ぽややんではない。動作や仕草もきびきびしている。
相手を包み込む母性を持っている半面、子供っぽい一面もある。
一度スネると、ケアが大変。不機嫌な顔でかまってオーラを出しつつ、
部屋の隅に座ってじーっと主人公たちをにらんでいたりする。
ただ自分が子供っぽいのは自覚しているようで、主人公の前では
常に頼れるお姉さんであろうと健気に努力している。

ワルモニ
鞠音の従者。年齢不詳。
従者というワリに大ざっぱで、やたらめんどくさがりな性格。
鞠音の言いつけをサボることもしばしば。
とはいえ、鞠音のことを心から敬愛する一面も持っていたりする模様。
何かと偉ぶる、強がる、シニカルぶるが、行動と言動はスキだらけ。歩くセキュリティホール。
主人公にツッコまれると、照れ隠しでよく逆ギレする。
魔族にとって物珍しい「和」のテイストを気に入っているのか、和室を自分の部屋として占拠している。
その和室で和菓子をむさぼりながら熱いお茶をすすり、ダラダラとテレビを見るのが大好き。
特に、昼のワイドショーと夕方の時代劇再放送がお気に入りの様子。

月ノ下香
近くの学園に通っている。マスターの一人娘。
母親は亡くしたのか別れたのか不明だが、マスターと親娘2人で暮らしている。
主人公同様に現在は夏休み中で、父親の店をほぼ毎日手伝っている。
明るく気さくで人当たりが良く、誰からも好かれる人気者。
年上の主人公を、弟のようにからかって遊ぶのが大好き。Hなネタを振ると
主人公がすぐに顔を赤らめてくれるので、最近はそうやってからかうのがお気に入り。
一見奔放に見えるものの実は情が細やかで、主人公や鞠音にもいろいろと世話を焼いてくれる。

謎の女性
長く綺麗なブロンドヘアが印象的な女性。女性にしては長身でスリムな体つき。
普段から物静かで、口数が少ない。ただそれも男性と接する戸惑いから来ているようで、
元から無口ではない模様。
街で主人公と何度か顔を合わせるうち、互いに興味を持つようになる。
最初は彼女も主人公に対してそっけない態度だったが、やがて心を通い合わせていく。
どうやら、何か悩みを抱えているらしいが……。
またどうやら狭いところが好きらしく、わざわざ押し入れに布団を敷いて寝ている。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002870
ファイル名/ファイル容量
VJ002870.zip / 1.04GB (1119782761Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX6以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004083D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004083D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「今夜のオカズはレンジdeまりね」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

ラブラブ/あまあま(2)

脇役が楽しい!!

2009年02月20日  

このレビューは参考になった×2人

ちょっと価格が割高感がありましたが、話が面白そうだったので購入してみました。

メインヒロインのマリネは魔界のプリンセスという設定ですが、外見は普通の人間と同じで ちょっとやきもち焼きな おっとり系お嬢様といった感じです。この子とのラブラブ同棲生活がメインで幸せな気分に浸れます。

それだけでも そこそこ楽しめるのですが、脇役がクセモノ揃いで面白い!!
年下なのにお姉さんぶってエロ話で主人公(童貞・仮性包茎)をからかう幼馴染み、ダンディーだけど実は×××な喫茶店のマスター、マニアックなエロ知識豊富で生意気な姫の従者...等々がバカ話を展開してくれます。声優さんも皆熱演していて、特にワルモニ役の まきいづみさんが 自分的にはハマり役でした。

とはいっても、このゲームの大半はマリネとのラブラブエッチがメインです。
Hシーンは普通のものからコスプレ、インモラルなものまで様々で、ほとんどのHが明るい印象です。回数も多く、50回くらいは ヤッてます。1日1回遊べば2ヶ月近く遊べます。ただし、他キャラとのエッチは2〜4シーン程度と わずかです。

というわけなので、マリネとの恋人気分を味わいたい人や息抜き程度にバカ会話を楽しみたい人にはオススメの一品です。

余談ですが、BGMがなかなか良いです。ボサノバ風の昼の曲や「うる○やつら」を彷彿とさせるタイトル曲が雰囲気を醸し出してくれます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

エッチシーンが豊富です。

2009年01月09日  

このレビューは参考になった×1人

いろんなタイプのエッチシーンがあって飽きずにプレイ出来てよかったです。
ソフトSMなどもありますが、基本的に純愛系なので、鬼畜系のゲームが苦手な方でも余裕でプレイできます。(というか鬼畜系が好きな人には物足りないかも…)
おすすめのキャラはやっぱりマリネです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]