美少女ゲーム > RUNE > Ricotte~アンペンブルの歌姫~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆◆ストーリー◆◆
かつて造船で栄えた町、クワルク。今では人も少なくなり、
稼動している工場も数えるほどになってしまっている。
そんな寂れた町の一角にあるパブでピアニストとして働く主人公はひょんな事から
“リコッテ”と名乗る少女と一緒に暮らすことになる。
無邪気でわがまま、そのうえ世間知らずのリコッテに散々悩まされる主人公だったが、
リコッテがとんでもなく歌が上手いことに気がつく。
パブをステージにして二人の演奏は好評を得ていく。
そして、リコッテの告白——。

「歌姫って知ってる? 私はね、そう呼ばれてたの」

◆◆登場キャラクター◆◆
▼リコッテ
バノンの元に転がり込んできた家出少女。世間知らずで負けず嫌いだが心根のやさしい少女。
歌が得意で音楽のことになると目の色を変える一面を持つ。
正体はアルペンブルでも最も有名な最年少の歌姫だった。
歌い始めた頃は楽しくて歌っていたが、大都会で有名な音楽会社であるロックフォール社に所属し
コンサートなどをこなすうちに精神的圧迫から歌えなくなってしまう。
大失態を犯した彼女は単身逃げ出し、当ての無いままクワルクまで辿り着いて、バノンと出会うことになる。

▼フィオーレ
『シャンベルタン』で働く三人娘の一人。
料理が得意で三人の中ではリーダー役。
まだ若いが実は未亡人。死んだ夫はバノンとよく雰囲気が似ていたらしい。

▼フェタ
『シャンベルタン』で働く三人娘の一人。
明るく活発で物事をはっきりさせないと気がすまないタイプ。それゆえに暴走気味なことも多い。
口では「うじうじした奴は嫌いだ」とか言っているが、実はそういう男に世話を焼きたがるタイプ。

▼クーロミエ
『シャンベルタン』で働く三人娘の一人。
常にマイペースで喋るため話の腰を折ることが多いが、時折核心を突いてくるので侮れない。
享楽主義者で、セックスフレンドは両手に余るくらいいるらしい。
後腐れの無い性格というのも人気の秘密か。

▼マダム
バノンの働くパブ『シャンベルタン』の女主人。
本名はラミ・デュ・シャンベルタン(L'Ami du Chambertin)。
幼い頃からバノンのことを知っており、バノンが暮らす上で色々と世話を焼いてくれている。

▼クレス
リコッテのマネージャー。フルネームはクレシェンツァ・バラカ(Crescenza Baraka)。
ロックフォール社の中ではリコッテの気持ちを考えている側の一人で信頼も厚い。

▼グラーナ・パダーノ
フォンティナのマネージャー。
元々フォンティナの侍女でフォンティナが幼少の頃から付き従っている。
大変なおっちょこちょいなためフォンティナの気苦労も絶えない。

▼フォンティナ・ボニファッツ
ロックフォール社の歌姫でリコッテと1、2を競う実力を持つ。
大都会アルペンブルでも有数の名家ボニファッツ家のお嬢様。
リコッテとは友人であり良きライバル関係とされている。

▼トゥーシー
大都会アルペンブルに住む盲目の卵売りの少女。
おしとやかだが盲目と言うハンデを感じさせない明るく朗らかな雰囲気を持つ。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002863
ファイル名/ファイル容量
VJ002863.zip / 779.48MB (817338916Byte)
CPU
PentiumII 266MHz 以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX6以上
ソフ倫受理番号
受理番号0005799D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0005799D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Ricotte~アンペンブルの歌姫~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

少女(2) 純愛(2) ロリ(2)

ピックアップ

雰囲気を大事にしたゲーム

2008年07月17日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公とリコッテの交流&Hがメインではあるが、
主人公の周りには複数の女性キャラクターがいて、
(仕事先の同僚等)彼女らと主人公はデフォルトで
セフレのような関係。
そのため、リコッテとの純愛・・を期待しすぎると
主人公のそういう設定に抵抗があるかもしれない。

ただ、『形だけの舞台説明の後でHシーン複数→そのまま終わり』
というような、低価格ソフトにありがちなパターンではなく、

リコッテとの出会い

新しい生活

取り巻く環境の変化

落ち着き始めたところに、新たな展開

というように、外国の小さな港町の雰囲気を保ちつつ、
物語をちゃんと展開している。

無論、超一流の名作としてのそれではないが、
こういうストーリーや絵柄に好感を持てるならば
(値段的にも)後悔しないだけのレベルだと感じた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

なかなか心の温まる雰囲気ゲー

2014年05月12日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

パブのピアニストとして働く主人公が、アルペンブルから逃げてきた歌姫のリコッテと出会って同棲生活を始めることとなり、その触れ合いの中から音楽への情熱を取り戻していく物語。

最初の選択肢によって主人公の性格が二つに分かれ、それぞれ異なった展開を見せてくれます。特別に練られたストーリーという訳ではありませんが、一昔前のヨーロッパ風の世界観もあり、雰囲気が良く、安心して楽しめる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

一服の清涼剤のような作品

2013年11月08日  

このレビューは参考になった×1人

この作品は、プレイしていて実に気持ちが穏やかになっていく作品だと感じました。18禁ゲームというとエロい事が前面に出てしまう作品が多い中で、Hを男女のコミュニケーションの道具の一つとして捉え、作品の中で男女の心の繋がりを描くために使われていたりとHがメインでないのが非常に清々しい感じしました。更に、登場人物の掛け合いなどはライトノベルを読んでいる感じで、堅苦しくなく自然と作品世界に入って行けるという感じで、その世界観や空気感まで伝わって来るような、そんな出来の作品だなと感じました。
女性キャラの顔立ちや体型が、わたしの嗜好する方向性に近いものがあった為、没入感が増していたのかもしれません。
男性キャラに声があるのも、この物語を引き立てている感じしました。この作品はHな行為を楽しむ作品と言うよりは、
作品の登場人物達の掛け合いを楽しんで、そして、主人公のピアニストと少女リコッテとの愛情劇を主人公=プレーヤーとなって追体験していくものなのではないかなと感じてます。
プレイしていて楽しく、心が、ほっこりと暖まる そんな作品だなと感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]