美少女ゲーム > あんでる > お帰りなさいませ☆ご主人様

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

★ストーリー
東京、秋葉原。電気街とは名ばかりのオタク街の奥にそのメイド喫茶はあった。
帝国時代から抜け出してきたような瀟洒な作りと広い敷地。
再開発の進んだビル街に似つかわしくないその場所こそ、秋葉原の影の名所。
メイド喫茶 <鹿鳴館>
旧華族の屋敷をそのままメイド喫茶として改装したこの店は、
現在の萌え文化発祥の地といわれる程の影の名店であり、
紹介者なしでは入れないにも関わらず、連日大盛況の賑わいであった。
だが、その実体は容姿中心で選ばれたメイド達がちやほやされる、実のないメイド喫茶となりはてていた。
その状況を危惧していた経営者である主人公の叔母は、オタクの才能がある主人公を召喚する。
彼は、「萌え」の実態をメイド達に教えようとするが、誰も彼のいうことなど聞いてくれない。
それどころか、みんなで暮らしている寮の小間使い的な扱いをされてしまう勢いであった。
今日もメイド達に虐められ、悲しげにお屋敷の前を掃除していた主人公の元に、
クラシカルなメイド服を着た少女が話しかけてくる。
「あの……こちらでメイドを募集していると聞いたのですが……?」
この運命的な彼と彼女の出会いが、メイド喫茶復興の奇跡の始まりである。

★登場キャラクター
○平山 倉太(ひらやま くらた)
普通の学生で、実家はそれなりに裕福らしい。東京の学校に通うために叔母の家に下宿中。
軽いオタク性癖を持っているが、日常生活はそれなりに普通にこなせるタイプ。
楽天的でありながらも少し神経質なところもあり、働かないメイドたちにヤキモキしている。
が、あまり強く言える性格でもないので、周囲の状況に流されてしまうことが多い。
家事全般は叔母仕込みでそれなり。ある理由で叔母さんには絶対頭が上がらない。

○本橋 冥(もとはし めい)
渋谷とかにいそうな美少女で、まったくオタク的な素養はない。
活発なタイプではっきりものを言う幼なじみ。主人公とは幼い頃から一緒に田舎で過ごし、
鹿鳴館で再会して親友のような付き合いになっている。
普通の女の子だけにコスプレイヤーなどのちやほやされっぷりに免疫が無く、
メイド喫茶の看板娘となるにつれコスプレに目覚めてみたり色々と忙しい。

○花椰 秋葉(はなや もみじ)
長い髪で、清楚感あふれる美少女。普段、髪はまとめている。
その働きぶりは完全無比なメイドであり、主人公やメイド部隊はもとより、
メイド長でもある主人公の叔母も驚くほど。
彼女の献身的な思考と、まったくすれていない純朴さ、
そして真面目な古き良き日本淑女的なところが起爆剤となって、
次第にメイド部隊たちも変わり、みな本当のメイドになっていく。イロイロと謎の多き女性。

○藤宮 真希(ふじみや まき)
最強の童顔巨乳、年齢不詳の美女で料理の達人。人呼んでメイド長。主人公とは遠縁の叔母にあたる人。
おっとりした話し方や、優しい物腰に誤魔化されがちだが、実際にはかなりのやり手。
頭のキレがよく、なんでも出来るスーパーマン系の人。
主人公のことは憎からず思っているようだが、それを顔に出すことはない。
秋葉のことは心から心配すると同時に、利用できるだけ利用する。

○中谷 舞菜(なかたに まいな)
純粋培養のオタク遺伝子を持つ、最強の腐女子。
両親は漫画家に声優。自身はヤオイ同人大手という完璧布陣。
メイド喫茶に興味を持って取材がてらバイトにやってきた。
現実の男に対しては恐怖に近い感情があり、全然協力してくれない。
主人公に対しても苦手意識が高く、すぐ避ける傾向にある。
冥のような普通の女の子にコンプレックスがあり、逆につっかかってしまうこと多し。

○原田 伊智子(はらだ いちこ)
田舎で育ち、田舎の風を身にまとう娘。東京に出て最初に道に迷っている所をメイド長が救い、
バイトにしてしまった。オタクに理解があるというか、「すごいんだやー」と
なんでも感心するので意外とみんなに好かれる。
強烈なドジっ子で「一番やってはならない時にやってはならない失敗をする」運勢を持つ。

○伊藤 雛子(いとう ひよこ)
ツインテールで小柄なかわいいアイドル系メイド。
イベントなどでも引っ張りだこのオタドルであり、この店の看板娘を自認している。
まったく接客などする気はなく、注文を取っても客に自分で入れさせる勢い。
それでも彼女に会えると、オタクは集まるので天狗状態。
「会員制で変な人が来ない。よってヒマで好きに出来るから」という理由で働いてる。
生意気な性格で、主人公を小間使いのように扱う。

○広中 綾瀬(ひろなか あやせ)
美貌のロングヘアで和風系美女。雛子と並んで全く仕事をする気のない顔だけで選ばれたメイド。
オタクに全然興味がなく、いつもアンニュイに紅茶を飲んでいる。真希を除けば最年長。
ここに就職をしたのは、三食ついて寮生活で夜は自由になる、というだけの理由。
なので昼間はうつらうつらしていることが多く、全然働かない。
ヘンなダジャレを考えるのが好きで、主人公以下周囲の人間をよく混乱に陥れる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002845
ファイル名/ファイル容量
VJ002845.zip / 761MB (797966520Byte)
CPU
PentiumIII 600MHz以上/PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003463D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003463D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お帰りなさいませ☆ご主人様」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Maid-Cafe Before→After

2008年07月03日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

完全にダレまくりの鹿鳴館メイドウェイトレス達が、主人公・倉太との同居と、メイドの中のメイド・秋葉がやって来た事をきっかけに少しずつ変わって行くというのが大筋のストーリー展開です。
序盤ではとにかくヒロインの個性&自己主張の強さに驚きでした。そんな彼女達が秋葉の出現をきっかけに変わって行く光景には更に驚きました。又、真希の存在はある意味反則だという印象(ロリ顔+巨乳という組み合わせが)も受けました。
このゲームの展開は少し変わっていて、登場するヒロインの内、個別で攻略できるのは[冥・秋葉・真希]の3人だけで、それ以外の4人は[舞菜&伊智子]及び[雛子&綾瀬]のペアによる3Pエンドになり、全員とエッチしているとハーレムエンドになります。尚、冥達3人の個別エンドを目指していても、3Pエンドの条件を果たしてしまうとこちらの方が優先されるので注意が必要です。
鹿鳴館をアキバ一の名カフェに出来るかどうかは、ご主人様たる貴方の双肩に全て委ねられます!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]