美少女ゲーム > アンダーリップ > 優希先生の実践セックス授業

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

◆ストーリー
大の美少年好きを密かに自称する優希は、念願の学校教師としての生活に歓喜の毎日。

そんなある日、特にお気に入りの教え子である「大樹」に相談を受ける優希だったが……
それはなんと彼の性の悩みだった。
当人も自覚していない性の目覚めに、内心狂喜する優希。
そして、日頃なんとか押さえていた性的欲求が、ついに彼女を押し動かす。
「うふふ、それはね、普通の事なのよ?」冷静を装い、教え子にはだけた胸を見せつける優希。
生唾を飲み込んでその巨乳に触れる大樹。
それは女教師優希の、教え子達とのめくるめく性のレッスンの幕開けなのであった。

◆登場キャラクター
ヒロイン:松本 優希(まつもとゆき)
担任を持つ女教師で、タイトなスーツの似合う妙齢の女性。
だが実は、美少年好きで教師になったと密かに自称しており、
教え子相手に劣情を抱く事もしばしば。
美人なので恋人が出来かけた事もあるのだが、男性の体臭や体毛などを嫌悪するが故に、
未だ独り身の処女。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002822
ファイル名/ファイル容量
VJ002822.zip / 177.67MB (186304991Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
64MB / 96MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0002000D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002000D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「優希先生の実践セックス授業」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女教師(2) 学校/学園(2)

おすすめ!ショタ和姦好きは必ず買うべし

2009年05月08日  

このレビューは参考になった×0人

主人公の女先生がショタ好きなので(実際出てくる生徒たちは皆かっこいいが)生徒たちの事が主人公は大好きだし、生徒たちも先生のことを好き。知識はあるけど処女なので、男の子のホンモノを見ることに初々しさと感動がある。そして教師なので、生徒たちのことを本気で考えて心配もするし、また指導もし、それを生徒たちも基本的に聞くし、また生徒たちが先生のことを考えて行動するのも癒される。主人公は自分がセックス好きだという事を知って開眼していくけども、それとセックス授業における「子どものため」というのはあくまで両立していて破綻がない。

 最初一人の子に関して、セックス授業をすることになるわけだけども、それを心待ちにする毎日が続いてある日、その子が親友も連れてくる。で、そのうちクラス中、学校中の男子生徒に広がっていく流れ。でも皆、先生のことを好きで先生を大事にして約束を守るし、先生も男子生徒たちを大事にしているのが分かる。もっとも一度だけ、普通の授業中に教壇の下からいたずらと、その後トイレで割と無理矢理というのがありますが、これも主人公が幸せを感じる流れになっているので問題なし。また、低学年の兄弟との話もあるのがすごく良かった。

 ○学生対象の女教師もので、愛情優先という意味では非常に良くまとまっている作品だと思います。惜しむらくは、ここまでいい作品だったらショタ側にも声をあててもらえれば……とか。あと、絵の差分が少なくてテキストと状況が合ってない事がままありますが、低価格作品なのでしょうがないでしょう。それよりも、ショタがかっこかわいいのがいいですし、性格も素直。主人公の性格も良いし、先生としての威厳や真面目さもあっての愛情とセックス好きなので、ショタ好き和姦好きならこれは買わなければならない作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

あの「先生」が

2008年07月07日   投稿数 : 6位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公が優希先生で、一人称視点。先生がかわいい男の子に、教育者として各種漏らさず教えてくれる女教師一本もの。
痴女による一方的なショタ食いではなく、彼女は、相手が嫌がっているか、そして嫌がっていたのなら自分の教職等立場はどうなるのかを理解している。そのあたり、「先生が」、いつもは優しくて、自分たちのために考えてくれて、そして頼りできる数少ない年上である、あの「先生」が、えっちなことをしているということを、伝えている。
声優がフレッシュすぎて、もうちょっと魅惑的な雰囲気がほしいところではあった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]