美少女ゲーム > 萌雛 > 魔女っ娘とりこロール

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■■■ストーリー■■■
主人公・奄美拓也(あまみ たくや)は、ちょっとマニアックで変態なオカルトマニア。
そんな彼がある日、魔術の実験をしていると、魔法陣の中から突然3人の魔女っ娘が現れた!
不本意に召喚された3人が魔法の国に帰るためには、
召喚者である拓也を性的に満足させるしかない。
魔女っ娘たちはそれを仕方なく承知し、拓也は妖しくほくそ笑む。
彼女いない歴イコール年齢の拓也の、
溜まりに溜まったゆがんだ情欲を解き放つときが遂にやってきた!

■■■登場キャラクター■■■
【主人公】 奄美拓也(あまみ たくや)
学生。オカルトクラブの変態部長。
とにかく人が困った顔を見るのがたまらなく好き。依存心が高くひがみっぽい。
自分は特別な存在だと思いこんでいるが、その根拠がないのでオカルトの世界に逃避している。
親に甘やかされて育った一人っ子で、
現在両親は県外に長期出張中で、家族用のマンションでひとり暮らし。

【魔女っ娘1】 ルナ
身長158cm B84 W55 H85
献身的な性格でいつもいつも誰かの役に立ちたいと思っている。
とにかく従順で主人公の世話を焼く。ほめられるととても嬉しいらしい。
分身系の魔法が得意で、急患などで手が足りないときに便利。
魔法の国では、治療院(病院)にヒーラー(看護師)として勤めている。
貧しい家庭に生まれたが、お手伝いが大好きな良い子に育った。
男性にはモテるが、アプローチしてきた誰にも
「運命」を感じなかったので付き合ったことがない。

【魔女っ娘2】 ミィー
身長164cm B96 W59 H90
プライドの高い気分屋だが、背に腹は変えられずイヤイヤ主人公の言いなりに。
いつもツンツンしているが、実はスリスリなでられるのが好きらしい。
召喚系の魔法が得意。
名門の家で、悠々自適に暮らしているお嬢さま。教養は高いがこれといって趣味が持てず、
いつも退屈している。
高齢の父母の間にできた一人娘。ワガママに育ったが、
兄弟がいないので内心とても寂しく思っている。
自分を導いてくれる素敵な男性がどこかにいないかといつも考えている。
男性にはモテるが、彼女自身がいわゆる「高嶺の花」なので声をかけてくるのは
上流階級のプレイボーイばかり。
遊び人は嫌いなので全て断り男性と付き合ったことがない。

【魔女っ娘3】 メグ
身長152cm B82 W52 H80
とにかく淋しがり屋でおまけにおっちょこちょいの不思議ちゃん。
何を考えているか良く分らないが、可愛い動作やポーズなどを研究しているらしい。
探究心が強く、未知のものにチャレンジしたくなる性分で、
徐々にマニアックな快感の虜になっていく。
飛行系の魔法、とくに空中浮遊が得意。
マジカル・コレージュ(魔法の国における大学)の学生。
専攻は(魔法を使った)料理関係だが、成績はイマイチ。
中流家庭で、甘やかされて育った末っ子。就学年齢になり学園に行ってみると、
「なぜ自分が中心ではないのだろう?」という違和感を抱き、
それを埋めるためにいろいろとおかしなことをしている。
男性に人気はあるが、不思議ちゃんなので「つきあうよりも、
遠目に観賞してるほうがいい」というスタンスに置かれていて、男性と付き合ったことがない。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002820
ファイル名/ファイル容量
VJ002820.zip / 657.44MB (689372520Byte)
CPU
Pentium? 500Mhz / PentiumIII 1Ghz 以上
メモリ
512MB / 1GB 以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.1a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001903D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001903D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔女っ娘とりこロール」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Magical Harem!!

2008年06月27日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

この作品といい、[ご奉仕します!コスロイド]といい、萌雛作品の主人公って、何処か壊れてる部分があると感じたのは僕だけでしょうか?
この作品では自称・天才の主人公が使い魔を召喚しようとして、手違いで3人の魔女っ娘を召喚してしまい、彼女達が元の世界に帰る為には次の満月(6日後)までに召喚主を性的に満足させなければならないのですが、とにかく主人公、それをいい事にヤリたい放題といった感じでした。
エッチシーンは触手あり・コスプレあり・お漏らしありと、色々なニーズに応えた作りになっており、シナリオの展開次第では3Pやハーレムなどの展開もあります。勿論、個々にヒロインを攻略する事も可能です。尚、ハーレムを狙う場合は効率良く選択肢を選ばないとバッドエンドになるので、その点は注意が必要です。
プレイしてみて、最初は慣れない世界に戸惑い、主人公の壊れっぷりにドン引きしていたヒロイン達が、最終的に主人公に惹かれて行き、又、主人公も変わっていく展開がとても印象に残りました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]