({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Aniseフォローする
販売日 2008年07月04日
シナリオ そら / JUN / 康盛禅
イラスト ここのか / 麺帝マブ
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

悲しくて優しい、にぎやかで温かい大家族物語。

【桜華】
★ストーリー
強い願いを奇跡に変える不思議な桜、『霊木』によって守られた街……夢源郷。
霊木は不思議な力場を放つ存在で、その中では善悪関係なく強い願いが奇跡になってしまう。
その為、霊木の奇跡を鎮める『守人』と呼ばれる人間達が生まれた。
辛い過去を消したい願い、記憶を操る力を手に入れた者……
死にかけた大事な人を救うために癒しの力を手に入れた者……
守人には多くの能力者がいた。ただし、そんな奇跡には必ず『代償』が必要だった。
主人公も破壊と癒しの力持ち、どちらも使えば死の危険がある。
二つの力は、『不幸』と『温かい家族』を運んでくる。
トラックすら軽々持ちあげる小さくて可愛い義妹。怒ると黒いオーラが出て目が光るけど、
とびきり優しいお姉さん等々…不思議な力のせいで強烈な個性を持ち、
奇跡と引き換えに『代償』を求める霊木によって、
心の痛みも背負ったキャラクター達が寄り添って織り成す物語…

【心輝桜】
★ストーリー
『本当に心から願った想いが……現実になる…そんな事を夢見た経験はありませんか?』
白湯温泉郷。桜が名物という人口千人程度の小さな街。
街の象徴とされる大きな桜の木「霊木」が東の山に存在し、報われない魂を内に宿している。
時がたつにつれ魂は浄化され不思議な力場を放ち、その場の中では心の底から願った
強い思いが形や現実になるという。動植物や道具、果ては人間まで不思議な力を持つようになる「力の場」。
その力を鎮め霊木を守護する「守人」が現れるようになった。
主人公・古坂優夜は「守人」として神社に住んでいる。
普段は街の甘味処「菓楽屋(かぐらや)」で働くごく普通の人。
街に住む他の守人達も、普段は一般人として生活しているのだ。
甘味処「菓楽屋(かぐらや)」で巻き起こるドタバタホームコメディーと、
誰もが持っている心の傷をテーマにした『恋』『恋愛』『愛』を育んでいく物語。

★特典データ
◆桜華の前身である【心輝桜】を同梱!!

作品情報/動作環境

ファイル容量
総計 2.12GB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0002056D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「桜華(おうか)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

義妹(2) ほのぼの(2)
おすすめ!紛れもない不朽の名作

2017年05月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

名作です。その一言に尽きます。

キャラのイラストが可愛い事も理由の一つではありますが、私が一番オススメする理由はその温かなシナリオにあります。

この作品の登場人物は割と皆厳しめな過去を背負っていますが、それを抱えてなお前を向いて生き、血のつながりはないながらも家族として生活しており、幸せを感じる事が出来ます。

一部キャラにてバトル展開はありますが、基本的にはほのぼとした温かい物語が描かれます。

間違いなくこのブランドの最高傑作ですし、今プレイしても非常に魅力的な屈指の名作と断言できます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

テーマは家族愛

2017年03月21日   投稿数 : 10位

このレビューは参考になった×0人

家族愛を題材としていて俗に言うシナリオゲーに分類するゲームです。物語上で語られる二律背反を破綻することなく纏めているのでかなり読み応えがありました。その分、いくつもルートが存在して分岐もあるので、がっつりプレイしたい人向けの作品です。
また、同梱されている前作の「心輝桜」は短い作品ですが、プレイしててかなり感じるものがありましたので、先にプレイすることがおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!楽しめました

2008年07月17日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

まず最初に「心輝桜」はまだ未プレイ。ゴメンナサイ。許してください。

で、「桜華」。良かったですよ。コレ。
選択肢は簡単なのでゲームと言うより読み物と受け取った方が良いかも。
「悲しくて優しい、にぎやかで温かい大家族物語」とありますが、
まぁ、概ねその通り。

互いに相手の事を思いやり、それが微妙にすれ違う。
そんな中から生まれる喜劇でも悲劇でもない、ちょっぴり切ない物語。

そういったお話が好きな方は購入して損はないかと。

絵や曲については好みがあるのでなんとも言えませんが
自分的には可も無く不可も無く的な位置付けなのですが
それを差し引いても購入した価値はあったと思います。

ついでに言うとHシーンが無くても良かったかな。
決してそのシーンが邪魔とかショボイとかじゃなくて、
Hが無くても読み物として普通に楽しめるとか、そういった意味で。

最後にどうでもいいけど、プレイ中に8回くらい目から汁が出た。
ゲームで目から汁が出たのはコレで4作目かな。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]