美少女ゲーム > アクトレス > チェリーボーイにくびったけ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年05月30日
シナリオ 大隈晃洋
イラスト 千葉千夏
声優 深井晴花 / 乃田あす実 / 飯田空 / MI-KO / みる
音楽 Grass road / ノーブランドザウルス
その他テーマソング:『無限大!君に首ったけ』
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★★ストーリー★★
恐れていたことがついにやって来た。
姉たちと離れた学園に進学するはずが、
いつの間にか姉たちと同じ学園に入学手続きが!
姉たちに世話を焼かれるのが嫌で、
他の学園を志望していたというのに……。
どうせ合格する筈がないと思いつつ受験したところ、
皮肉にも会心の一撃で合格してしまう。
他の学園を受け直すのも面倒で、
結局は姉たちと同じ学園での生活が始まることに。
まずは平穏な滑り出しを見せた学園生活だったが、
おせっかいな姉や賑やかな学友たちに囲まれて、
そのまま終わる筈もなく……。

★★キャラクター紹介★★
★羽田未来(みき)★
つばさの義姉(長女)。成績優秀、スポーツ万能。
学園では委員会役員をこなしている。
性格は元気そのもので、極端なほどの世話好き。料理が得意という家庭的な面もあり、
学園では男子学生の憧れの的。が、本人にはあまり自覚がなく、
いまや習慣である義弟との語らいを至上の楽しみとしている。
『他人のために、なにかをする』ことに喜びを見出しているが、
潜在的に寂しがり屋な部分を持っている。

★羽田愛音(あいね)★
つばさの義姉(次女)。姉に次いで成績優秀、
スポーツも難なくこなす。料理など家事の腕もまずまず。
なんとなく姉に対して劣等感を抱いており、結果として姉よりも控え目で
静かな物腰を身につけている。趣味はピアノ。
音痴な姉に対し、唯一自分が勝っている部分だと思っている。

★羽田麻衣(まい)★
つばさの義母。数年前、つばさの実父と再婚した。落ち着きがあり、慎ましやかな性格。
娘たち以上につばさを気にかけ、なにかと世話を焼きたがる。
最初の夫とは早くに離婚。以後、女手ひとつで二人の娘を育ててきた。
控え目な物腰の内側に、自立した女性としての強さを内包している。
いつも柔和な微笑を浮かべているが、意外に芯は強い。

★長田まりも★
つばさが通う学園の先輩で、テニス部のアイドル的存在。年上だが外見は幼く、
話し方も舌っ足らずでつたない。
全体的にぼんやりとした雰囲気。
人付き合いは嫌いではないが、基本的に人混みや喧噪は
苦手。公園や図書館などでぼーっと過ごすのが好き。
小柄だがスタイルは抜群。秘かに人気は高いが、本人は
まったく気が付いていない。どちらかというと無防備な感じ。

★早坂彩乃★
主人公が入り浸っている喫茶店のマスターの娘。父親同士が友人だったこともあり、
つばさとは幼なじみのような関係にある。1つ年下の女の子。
子供の頃からつばさに好意を抱いており、同じ学園に通おうと秘かに受験勉強中。
確実につばさと一緒になりたいがため、学園に関する情報をなにかと聞きたがる。
小さい頃から喫茶店の手伝いをしていたこともあり、料理や掃除は無難にこなす。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002801
ファイル名/ファイル容量
VJ002801.zip / 220.68MB (231403614Byte)
CPU
PentiumII 233MHz 以上
メモリ
512MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001982D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001982D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「チェリーボーイにくびったけ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

エロラブコメ

2014年01月15日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

血のつながらない母親(美人で未亡人)、とその娘二人と一緒に暮らしている主人公。
姉になんやかんや言われながら朝起こされるところから始まり、学校へ……。
なんというか、どっかで見たようなストーリーの導入が展開されて若干眠気を誘われてしまうお話だった。
とはいえ、絵は結構好きだし、キャラも可愛いので、楽しめたことは楽しめた。
この手のストーリーにありがちな、なんか凄いことがあって感動的なお話に、って流れではなく。選択肢次第で女の子とエロい関係になったり、普通の恋人になってエロいことしたりというのがメインであって、感動系にはほとんどいかない。エロラブコメというのが本作の主題だろう。
まあ、ちょっとしたドラマとかはあるけど、ストーリーで魅せる話ではない。代わりにエロい。そんなところだろうか。
ただ、選択肢次第では、若干ダークよりな展開にいったりもするのだが。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!義母・義姉たちの肉体を楽しみまくり、ご奉仕されまくり

2010年05月06日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×0人

実母は主人公が子どもの頃に他界し、数年前に父親が再婚して義母(羽田まい)・義姉たち(羽田未来&愛音)という新しい家族ができた主人公。しかし、数年前に父親までも他界し、主人公にとって血縁者がいない家族に囲まれた家となってしまっております。

 しかし主人公が不幸な環境にあるというわけではありません。義母&義姉たちに愛され、面倒をみてもらってたいへん幸せに暮らしていて、うらやましい限りです。そんな主人公と義理の母&姉たちが、【家族愛】を超えて【恋愛関係】になり、SEXしまくり〜という本当にうらやましいストーリーです。
 物語の舞台が【夏】ということで、水着姿でのSEXあり。また、羽田未来&愛音は「女子校生」なので、制服姿でのSEXあり。
 いまだ若々しい美貌を保つ義母・まいにリードされつつのSEXにはハァハァでした。【自分を育ててくれた母親】としての一面を持ちつつの肉体関係は興奮させられます。

 羽田家のヒロインたち以外にも、主人公の学園の先輩(長田まりも)や、主人公が頻繁に利用する喫茶店の店主の娘であり、かつ年下の幼馴染(早坂彩乃)というサブヒロインもおります。体操服でのSEXや、ウェイトレス姿でのSEXなど、身分や環境を生かしたプレイあり。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!かつてはイジメの標的だった女顔、今は勝ち組の象徴に!!

2009年08月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×0人

千葉千夏さん原画の作品は、ヒロインが全体的に美人かつスタイルが良く描かれており、僕自身もかなり気に入っています。この作品も、そんな描画に惹かれてプレイしました。
作品紹介でコメディータッチアドベンチャーと紹介されていますが、展開次第によってはヒロインと爛れた関係になってしまったり、場合によっては別れてしまったりする事もあるので、決して油断は出来ません。
エッチイベントが若干変則的で、初エッチではフェラ・愛撫等の前戯系プレイだけで終わり、2回目に初挿入という形になります。ちなみに、麻衣以外のヒロインは全て処女です。
エンディングはヒロインの個別においてはノーマルエンドとハッピーエンドの2種類があり、愛音と彩乃のルートにのみバッドエンドが存在します。また、ハーレムエンドは無いものの、未来と愛音の姉妹丼エンド、更にそれに麻衣も交えた2種類の母娘丼エンド、彩乃・まりもとの3Pエンド、2種類の日常エンドと、何気にエンディング数は多かったりします。
ヒロインの中で印象的だったのは未来と愛音の姉妹でした。未来は最初は主人公・翼に高圧的に接していたのが、ラブラブ展開になってからは尽くし系ヒロインにモードチェンジする点が印象的でしたし、愛音は引っ込み思案だったのが、ハッピーエンドで明るく変わって行く姿が印象的でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]