({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}

作品内容

■■■ストーリー■■■
学園に臨時講師として赴任した俺。
学生名簿に彼女たちの名前を見つけたとき、俺の頭の中で何かが弾けた。
「佐伯美紀恵」「新崎聖美」
佐伯は有名な音楽家の娘で、将来有望なピアニストと言われている。
新崎はバンドをやっているそうだが、その他のことはよく知らない。
二人ともまだ顔を合わせたことはないが、さなえを破滅させた原因であることは間違いない。

佐伯の父親は娘のライバルのさなえを潰すために、新崎と共謀して
事故にみせかけてさなえの指を折ったのだ。
さなえは将来を奪われて絶望し、陰鬱になって俺の元を去った。

復讐……そう呼ばれるものかもしれない。

俺はこの二人の存在を知ったとき、さなえや俺と同じ苦しみを与えずにいれば、
自分の心が壊れてしまいそうな気がしていた。

彼女たちに、奪われ裏切られる苦しみと絶望を……。

これからはこの高揚感が、さなえを失った俺を支えてくれそうだ。
そして、共に復讐を果たすために俺に服従さえ誓う久永小夜子が現れた事で、
その思いは一気に加速した。

■■■登場キャラクター■■■
【主人公】倉本 高志(くらもと たかし)
若手のあまり売れていない作曲家。
それに加え恋人を失った事で落ち込み、本業の作曲はほとんどしていない状況だった。
そんな折、臨時講師の話があり、
曲をつくる気分になれない中で、とりあえずの仕事として引き受ける。

【女子学生】佐伯 美紀恵(さえき みきえ)
髪が長く華奢ではかない印象。
世界的に有名な大物バイオリン奏者の娘でお嬢様だが
わがままなところはなくむしろ責任感や正義感が強い。
父親が自分の将来のために画策したことは知らない。

【女子学生】新崎 聖美(にいざき きよみ)
快活で少しボーイッシュな印象もある。胸が大きい。
他校の学生とバンドを組んでいてボーカル担当している。
主人公の恋人さなえの指を扉に挟んで骨折させてしまった。

【女子学生】久永 小夜子(ひさなが さよこ)
美紀恵や聖美より一つ下の下級生。
以前さなえと親しくしており、講師としてやってきた高志に接触してくる。
あまり目立たない淡々とした喋り方の性格の持ち主だが、心の内には強い意志を持った少女。

【主人公の元彼女】宮内 さなえ
20歳。将来を有望視されるピアニストの卵だったが、指を折ってチャンスを逃してしまう。
それがもとで絶望して自殺を図り、意識が戻らなくなってしまう。

作品情報/動作環境

ファイル容量
273.72MB
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0001898D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「絶望少女~復讐の性裁教室」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

I'll be a Cruel-Avenger.

2008年04月21日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×4人

シナリオ全体を通して、「人を呪わば穴二つ」ということわざの意味を改めて実感させられました。誰かを傷付ければそれはいずれ自身に返ってきます。この作品で云うと「呪い」は「殺す」ではなく「希望を奪う」に該当するワケですが、ターゲットである佐伯美紀恵と新崎聖美は、正にそんな報いを受けるキャラという感じでしたね。卑怯な手段で主人公・高志から生きる気力を、さなえから将来の夢を奪っておきながらのうのうと学園生活を送っていたワケですから。
主人公・高志を見ていると「人はここまで残酷になれるのか」という印象を受けました。さなえの事もあったのでしょうが、二人の少女によってそれまでの充実した日々が陰鬱な生活に貶められたのですから。
その影響もあってか、エッチシーンは凌辱系や緊縛系及び隷属系といった感じで展開されて行きます。
エンディングは全部で4種類あるのですが、割と序盤で2種類あり、残りの2種類は途中の選択肢によって最終的に分岐するという形です。
非常勤講師の任期中に、美紀恵と聖美によって与えられた苦しみと痛みを返す事が出来るかどうかは、主人公・高志とプレイヤー次第です。

CRUSH, MIKIE AND KIYOMI'S FINGER!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]