美少女ゲーム > Liquid > 凌辱ゲリラ狩り3

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

あの過激で容赦のない凌辱描写で好評を博した『凌辱ゲリラ狩り』シリーズ第三弾。
今回は、舞台を未来の宇宙に移して、凛々しくも美しい女軍人たちを
阿鼻叫喚の凌辱地獄に突き落とし、徹底的な調教によって性奴隷へと貶めていく、
そんな興奮必至のスペースオペラが展開するぞ。
戦争を戦い抜いた歴戦の勇者であるヒロインたちは、主人公の強いる凌辱行為に対して
必至の抵抗を見せるが、それがまたレイプの醍醐味を引き立て、
大いに嗜虐心を煽ってくれるぞ。強姦、輪姦、処女強奪、強要レズ、薬物投与……、
あらゆる凌辱がここに!さすがは“Liquid”と唸らせる濃厚エロスたっぷりの一本!!

▼ストーリー
コロニー自治国家「ニュー・ケーニヒスブルク」が地球の国際連邦に対し、
独立戦争を開始してから三年。こう着状態の続いていた戦況を打開すべく、
国際連邦は最新鋭の遊撃戦艦「ヴィクトワール」を投入する。
「コーズ」と呼ばれる女性クルーが操る「ヴィクトワール」は、連戦連勝を重ね、
コロニー軍に多大な損害をもたらし、終戦へと導いた。
しかし、戦後、「ヴィクトワール」と勇敢に戦った女性クルーたちは、
国際連邦軍において“邪魔者”として、敵国だったコロニー自治政府に売り渡され、
クラウス・テオドール中佐(主人公)が所長を務める収容所コロニー
「ポート12」へと送られることに……。

▼登場キャラクター
◆ノーラ・スチュアート
思想家“ジェイムス・スチュアート”の姪で、彼の後継者と目される少女。
コロニー自治政府独立の象徴として祭り上げられ、国民的な人気を持ってはいるが、
本人は軍隊そのものに批判的。

◆シェリー・ハイネマン
ノーラの副官で生真面目なタイプ。
ノーラの姉のような立場であることを、自他共に認めている様子。

◆エレーヌ・グレゴール
無敗戦艦「ヴィクトワール」の艦長。
その幸運と決断力は宇宙一と噂され、他クルーたちと共に、幾多の危機を乗り切ってきた。
他人が傷つくことに関しては敏感で、直接関係のない相手への被害であっても、決して良しとはしない。

◆テレサ・シュザンヌ
少佐待遇として「ヴィクトワール」の副官を務める。
軍略に長けた知謀家で、少々、自信過剰な面もあるが、
エレーヌの弱点をうまく補い、いいコンビとして活躍していた。
得意な作戦は、相手の狙いを読み、それを逆手にとって、最小限の攻撃で相手を制すること。

◆ジゼル・ベルティエ
「紅の戦乙女」の異名を持つ一等軍曹。
その名の通り、鮮やかな赤毛と赤のパイロットスーツで、敵を落としまくり、恐れられていた。
コクピットを出ても炎のような気性は変わらず、「ヴィクトール」のムードメーカーでもある。

◆モニク・ブリアン
戦艦内の通信と整備を一手に引き受ける正規軍伍長で、三つ編みとメガネがトレードマーク。
良く言えば職人肌、悪く言えば単なるオタクで、仕事内容自体が趣味と完全一致している。
プレッシャーやストレスに弱い一面を持つ。

◆サンディ・グレゴール
艦長・エレーヌの妹で、民間人。
ノーラとは学生時代の友人で、そのツテで入船することに成功してしまう。
しかし、民間人が軍の施設に入り込んでしまったがために、その身に、
苦難が降りかかってしまうことに。

◆クリスティーン・アトキンソン
「非武装平和」「男女平等」を訴える市民政党の代表。
グラマラスなボディと、妖艶な色気を漂わせる女性で、
一見、平和運動に打ち込んでいるようだが、実は……。

◆ロゼッタ・ミルストーン
テレビ番組「トルネード・アイ」の人気レポーター。
第一コロニーの「政治的中心」を大義名分に、強引な取材を繰り返すことで、
戦争に無関係な民衆の支持を得ている。
しかし、本質的に暴力には弱いらしく……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002714
ファイル名/ファイル容量
VJ002714.zip / 803.69MB (842733434Byte)
CPU
PentiumIII 450MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001873D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001873D)

凌辱ゲリラ狩り3の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「凌辱ゲリラ狩り3」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

シナリオもよくできた凌辱物

2015年01月07日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

戦艦「ヴィクトワール」のクルーを堕としていくというストーリーで、軍内部の権力争いをメインとしたシナリオもよくできています。

Hシーンも凌辱メインで媚薬、複数人など種類もあります。
シーン自体の値段の割に数が多く、メインシナリオをタイトルからすぐに見られるところも良かったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!絵がキレイ

2009年11月13日  

このレビューは参考になった×0人

絵がキレイです。
ここ最近のエロゲの中じゃ一番色がキレイでした。

内容もボリュームあって中々楽しめたんですが
もっと、伍長とシェリーの絡みが見たかったです。

二人の絡みは本当にエロくて必見ですよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]