美少女ゲーム > LOST SCRIPT > 長靴をはいたデコ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年02月08日
シナリオ おおつきすずきとうつろあくた
イラスト Vanilla / 吉澤友章
声優 ありす / 榊原ゆい / みる / 佐元二厘 / 風華 / 春野風 / 草薙つばさ
音楽 たくまる
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / デコゲー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆物語
覚醒(めざめ)ると、そこは見識らぬ家だった。

──伊藤家。

主人公、滝沢耕介はその家で長靴をはいた一人の少女、はむと出会う。
ある日突然家族がいなくなり、
猫の“ながぐつ”と二人で暮らしているのだというその少女は、
耕介を新しい“家族として雇う”のだという。
そのまま、なんとなく住み込みで少女の面倒をみる耕介。

舞台は新宿と原宿の間にある小さな町、よもぎ(代喪木)。

長靴をはいたおデコの少女、はむ。
日本最大の消費者金融業者の娘、かさね。
家出少女、そあら
隣家のやさしい巨乳お姉さん、いほこ。
隣家のやさしくない巨乳お姉さん、のどか。
かさねのボディガード、シドとリュート。

そして謎の少女──はずむ。

だが、徐々に耕介はその不自然な状況に疑問を感じ始める……。


デジタライズド・ゲームブック第二弾。
ロストスクリプト 2007年度 第二回配給作品。

『長靴をはいたデコ』


◆通称デコ射、“デコゲー”とは!?
おデコに射精すること。Hが可能なキャラとはフィニッシュに“デコ射”三択が用意されているのだっ!!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002647
ファイル名/ファイル容量
VJ002647.zip / 1.57GB (1686631520Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上 / PentiumIII 1GMHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.0a以上
その他
ウィンドウサイズ可変。ゲーム操作にホイールマウス必須
ソフ倫受理番号
受理番号0001801D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001801D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「長靴をはいたデコ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!全ては、自分の意思。

2008年02月13日  

このレビューは参考になった×4人

ゲームブックを知っている世代には懐かしく、知らない世代は斬新でしょう。
……知ってる世代ですけどねorz

と、まぁ前フリ&オチはこれくらいにして。
このADVはゲームブックを再現している為、完璧にユーザーの意思を尊重しています。
選択を間違えたら好きなだけ戻っても構いませんし、
戦闘で負けても無視して次の展開を見る事が出来ます。
(戦闘なんて無条件で無視(つまり勝ち)にする事だってできます)
では、このゲームにおいて最大の味方であり、最大の敵は何だと思います?

それは「自分自身」です。

欲望に忠実なら自分の好きなように進めばいいだけですし、
ゲーム好きのプライドがあるならルール通りに進めばいい。
非常に自由な遊び方が出来るゲームです。

無論、いきなり途中から始める事も可能です。
ですが、一度でもいいので普通に読み進め、怒涛の展開を楽しんでください。
そうすれば、このレビュータイトルの真意もわかります。

あ、本編中色々と某漫画ネタが出て来ますが、知らなくても楽しめますし、
知ってるとツッコミの相乗効果で余計楽しめます。
知らなかった人は、クリア後にネタを調べてからもう一度楽しみましょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]