美少女ゲーム > Catear > 屠殺の園

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Catearフォローする
販売日 2008年02月05日
シナリオ HAIN
イラスト 来夢来夢
音楽 さっぽろももこ
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 性倒錯エロティシズムストーリー
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー
いつかの時、どこかの世界。
数多の群雄が自らの素晴らしさを掲げようと割拠し、命を眩く煌かせた。
戦士製造の練兵場。
親しみと侮蔑を込め、聳え立つ学び舎は屠殺の園と名付けられた。
極北の学園、その深淵に住み潜む異様の一団が在った。
毒の中に在ってさえ毒々しい鼻摘み者の集団、識外の背徳に染まった規格外品。
そんな少女(ヒロイン)達へと捧げられた、これは賛歌と鎮魂歌。
いつか思いの抱かれる事を願い、この記録を後の世に託す。
鮮烈に輝いた人々の闘争を、儚くも美しい心からの言葉を、生き様を。

★登場キャラクター
●椿の花(ツバキ)
「私はツバキ…貴女は?」
物語の主題を担う幽玄の少年

●白い獣(シャム)
「ハン! みんなしてバカにしてくれちゃってさ!」
自らの美貌のみで世を渡る(渡ろうとする)
短慮、意地っ張り、馬鹿、自惚れ屋、性悪
男嫌い、媚びた女はもっと嫌い
唯一カラスにだけは歪んだ形ではあるものの微かに心を許している

●黒い鳥(カラス)
「それでも私はシャムの事ばかりを思い描いてしまう…心の中、夢に見るぐらいに」
シャムの奴隷で目付け人
シャムの異母兄(妾腹)、シャムはその事実を知らない
兄弟愛の域を越えた思慕をシャムに抱く

●敷島洋子(ヨーコ)
「そうね…わたしにもそうやって、まっすぐ前だけを見つめ続けていられた
若さがあったのかしらねぇ…」
教官として性技を教授する
両性具有者(雌型)

●語り部(妙)
「誰が呼んだか屠殺の園。
この聖地を表すのに相応しい名前」
メイドの格好をした物語の語り部

●あなた
「…」
物語の記録者、客観的に状況を見つめ続ける

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002637
ファイル名/ファイル容量
VJ002637.zip / 60.34MB (63271514Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001810D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001810D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「屠殺の園」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!全てのヒロインに愛を

2008年02月25日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

独特の世界観を持ったシナリオライターHAIN氏がシナリオを担当した作品。
ゲームシステムもかなり独特。
画面構成も舞台劇を見ているかのような構成。
プレイする人によって解釈が違うであろう内容。
数多く美少女ゲームに触れた事のある方にやって貰いたい。
さっぽろももこ氏による音楽も美しい。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]