美少女ゲーム > シーズウェア > EVE ZERO ark of the matter

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年02月01日
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

より鮮明に、よりリアルに再現されたCG群、
そしてもっとキャラクタに近くなれる、フォーカスモード。
今度は、あの二人の命を、自分の手で救い出せ。

◆ストーリー
小次郎編
ありきたりの家出人探しから物語りは始まる。
親子関係のゆがみからの家出か?
それとも誘拐か?
情報を集めていくうちに、いつの間にか追うものから追われるものへ。
ほんの些細な依頼から、今まで見えなかった陰謀が一つ、また一つとあらわになっていく。

まりな編
VIPのボディーガードを勤める傍ら、少女の保護を請け負うまりな。
エスカレートする殺人事件、狙われる少女、
そして自分がガードするはずであるVIPの不審な行動。
やがてそれらは次第に一つの大きなことになって姿を現し始める。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002635
ファイル名/ファイル容量
総計 2.03GB
VJ002635.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002635.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002635.part3.rar / 554.21MB (581134164Byte)
CPU
MMXPentium 166MHz 以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「EVE ZERO ark of the matter」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

サスペンス(2)

おすすめ!無題

2011年02月09日   投稿数 : 5位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

PSで一般向けで発売された作品の成年版です。
ただし、PS版ではよく見えなかったグロシーンを
よく見えるようにした為の成年版。(まぁ、EVE作品にエロはあまり求めてないけど)

第1作目のEVE burst errorの2年前、という設定なので小次郎とまりなが出会いません。
この為、マルチサイトシステムがストーリーにあまり絡みません。少し残念。
あと源三郎さんがまだ所長をやっていたり、小次郎と弥生がラブラブだったり
過去話ならでは、というのもあるのですが・・・。
シナリオライターが1作目と違う事もあってか、EVEファンとしては
設定の矛盾が少し気になってしまう。

でもシナリオの出来は素晴らしいんです。

EVE burst errorのファンでない方には大変オススメ!
あと、設定の矛盾なんて些細な事だと笑い飛ばせるEVEファンにならオススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

EVEの原点がここに...!!!

2009年12月25日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

第一作目『The Lost One』からの続き物ですが、『burst error』から数年前の過去のストーリーが舞台となっています。
キャクターデザインがCARNELIAN先生に変更された為か、キャラクターもより若く見え(過去の話だからかもしれないが)、好感が持ちやすいです。新しいシステム・フォーカスモードによりキャラクターに近づけられ、更なるストーリー展開に発展する仕掛けも施されています。
また新規追加シナリオとして本編に登場する新キャラクター二人が助かるルートもあり、これにより大いに後半のストーリーが分岐するようになりました。

ですが、『burst eroor』に繋がる要素が多いため(特に○○が△△だったという過去の事実が証明されてしまう)、初期作未プレイの人は注意したほうがいいかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]