美少女ゲーム > sukaradog-スカラドギ- > 悪鎖

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2008年01月25日
シナリオ 嘘屋佐々木酒人
イラスト NOBU
声優 千早美来 / 絋川琴音 / 青井美海 / 笹倉空
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー
衣更えが終わったばかり。昼はまだ残暑が厳しいが、朝晩はだいぶん冷えてくる時季。
東間大樹は、人当たりの良い大学生。実習で、ここ私立鳳学園にやってきた。
わりと良家の子女が通う、それでいてやや閉鎖的な校風を持つ学園で、敷地や施設も広い。
改装工事中につき、旧校舎や旧体育館などもある学園だ。

東間は、そこで化学教師、尾田栄二に出会う。専攻が同じということもあり、
必然尾田が実習期間中の指導担任になった。
尾田は某巨大医院の創立者一族の一人。
そのグループ資本はこの学校の経営にも一枚噛んでいる。
そんな名門の彼なのに、「なぜかぱっとしない教師」。
しかし、大樹はまだ彼の「裏の顔」を知らない。
ごく普通に生きてきた東間にとって、尾田は薬になるのか毒になるのか?

■登場キャラクター
◎大泉祥子
英語教師。清楚かつ可憐で、笑顔の似合う女性。
世間知らずな面があり、ときには反感をかうこともある。
帰国子女で処女。
趣味は、ウォーゲーム(ボードゲーム)。

◎安芸優子
性格は内向的、ブス眼鏡を掛けたクラスでも目立たない存在。
イジメられているせいか、いつも下を向いている。
そんな彼女も昔は○△□×だった。処女。

◎森山 小春
小柄だが、明るくクラスの元気者。
但馬に付きまとわれている。
彼のことは死ぬほど嫌い。
親思いで健気、笑顔を絶やさないが本当はずいぶん無理している。
但馬が許婚と知ったとき、彼女は?!

●尾田 栄二
本作の中心を担う化学教師。生粋の愉快犯。
冷静な判断力と高い知能、そして権力をもっている。
ただ、エロゲの王道をいく彼にも弱点が?!

●今田 愛美
裏表のある悪娘。優子をいじめているらしい。
常に自分が人気者でないと納得できなく、
感情の起伏が激しい破壊型タイプ。
自称尾田の愛人とふれまわっている。

●但馬 幸太
嫌われもの、そしてボンボン、さらにヲタ。
でも巨根。
(ご購入されたら、ひとつでもいいところを見つけてあげてください。)

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002626
ファイル名/ファイル容量
総計 2.1GB
VJ002626.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002626.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002626.part3.rar / 619.76MB (649860373Byte)
CPU
PentiumII 266MHz以上 / PentiumIII 400MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「悪鎖」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

おすすめ!悪の論理

2008年01月28日  

このレビューは参考になった×5人

見た目、ハードな凌辱ゲームなんですが、流石嘘屋シナリオ。普通じゃありません。
「同盟」と「裏切り」…あまりに変則的な選択肢の変化(選択肢は変わらないが、各キャラクタの同盟によって同じ選択肢で全く選択と違うイベントが起こる。)がうけいれられたなら、たぶんこの「ゲーム」の真意が見えるんじゃないかなぁ。

ヌキ目的でもそこそこいけると思いますが、「アヴァロンヒル社」なんて普通の人は知らないゲーム屋さんを知っている人だと、エンディングのカタルシスは衝撃があります。
丁度20ターンでゲームが終わるトコロあたりまでネタにしたのでしょうか;

ヌキ目的以外でこの「ゲームの機微」を理解できる人は…一部のマニアを除いて50代にかかろうかという高年齢ではないのかなぁ;

異常にストライクゾーンが狭いのですが、エロシーンは過激なデッドボール満載ですので、「裏切りのタイミングを計るスリル」なんてモノまで楽しめない人でも十分楽しめるのではないかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]