美少女ゲーム > EROTICA BLACK > 孕ませ催眠プリンセス

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年12月21日
シナリオ JUN
イラスト さあぺんと
音楽 沢村竣
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 催眠凌辱アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

■■■ストーリー■■■
主人公は交易都市の片隅にある、小さなホテルの雇われ支配人。
ホテルに来るドレスの美少女とマント姿の麗人。
それは隣国アラディアの宝と誉れ高いジュエリ皇女と
アラディアの宮廷騎士団団長リッテだった。
皇女は政略結婚で悪名高きバルタージュに嫁ぐ筈だったが、
リッテの助けで逃げ出していたというのだ。
小さなホテルに立ち寄ったのは、旅慣れぬ皇女を休ませ、身を隠すのが目的らしいが……
主人公はふと、先日手に入れたとあるアイテムを思い出す。
「プリンセスダスト」…お姫様でも従順な牝奴隷に仕立ててしまうという、
この街の暗黒街で密かに流通する禁忌薬だ。
所持しているだけで死罪は確定、ましてや相手は本物のお姫様だ。
一瞬の逡巡を経て、主人公は皇女に届けるワインに秘薬を落とす。
それは、至高の皇女と誇り高き麗人の騎士が、淫らに落ちてゆくプロローグでもあった。

■■■キャラクター■■■
☆ジュエリ
隣国アラディアの皇女。
アラディアの至高の宝と称されるほどの美少女で、その人気を嫉妬する
兄の皇子に政略結婚のコマにされかかる。
性格は真面目で天真爛漫。しかし今ひとつ世間知らずで、
羞恥心の欠けるところがあるいわゆるおひい様。
政略結婚に使われるところを宮廷騎士団長のリッテに逃され、逃避行の真っ最中。

☆リッテ
隣国アラディアの宮廷騎士団団長。
無類の強さと美貌を誇る麗人の騎士。ジュエリを慕い、命に代えても守ると誓っている。
常日頃から眼光鋭くクール。普段は無骨なヘルメットとマントに身を包んでいるが、
美貌とスタイルはかなりのもの。
ジュエリの従兄筋に当たる反皇子の元を頼って二人きりの逃避行中、
一時的にこの交易都市に立ち寄った。

☆シャリオ(主人公)
交易都市の場末にあるホテル、「シルバーパレス」の支配人。
とはいえパレスとは名ばかりの安ホテルの雇われ店長。
今までも小規模な密輸や犯罪者を匿ったりするなど、いわゆる小悪党的な犯罪歴を持つも、
表向きは紳士で通している。
舞い込んできた皇女と騎士を操って、金儲けとハーレムを画策する

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002596
ファイル名/ファイル容量
VJ002596.zip / 188.06MB (197198944Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001697D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001697D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「孕ませ催眠プリンセス」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!レズ見物、精液大量注入 孕ませ、ボテ腹SEX、お掃除フェラw

2009年06月25日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

一国の姫君であるジュエリとその護衛騎士であるエリッテ。二人とも髪の毛の色は違うものも容姿はよく似ており、巨乳や安産型の巨尻もそっくりです。

 そんな二人を催眠状態で思いのままにする。この二人とSEXしたりフェラなどのご奉仕をしてもらうだけでなく、この二人を「風俗嬢」のように第三者に性的ご奉仕させたり、主人公とのSEXを第三者に見物させるなどシチュは豊富。

 自分が一番気に入ったのは、ジュエリとエリッテのレズプレイ。双頭ディルドーをはめたエリッテが「男役」です。第三者たち=お客たちの衆人環視のもとでレズプレイをするのですが、このときの体位は「男役」のエリッテがジュエリを抱える駅弁。さすが女性といえど騎士だけあって筋力があります。なお、このシーンでは途中から主人公がジュエリの尻穴に挿入して、2本挿しw

 まんぐり返しの体位をとった二人の膣穴にロートをはめ、精液を直接膣穴にぶっかけるなど妊娠覚悟の風俗プレイもあり。

 不特定の男の精液を受け入れた二人ですが、妊娠すると、「お腹の子は主人公の種である」という強い信念を持っていますw  3Pボテ腹SEXで愛し合います。このシーンではすでに何発か射精した状態でHシーンがスタート。二人とも髪・顔・乳房・ボテ腹・足と全身に精液が飛び散っていますww  主人公がそれぞれに1発ずつ射精してあげると、最後に「ダブルお掃除フェラ」。でもあまりに気持ちよくてまた射精しちゃうところが笑えました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

催眠により、無垢な姫君と実直な女騎士が変態売春婦に。

2009年04月07日  

このレビューは参考になった×2人

何本かレビューを書かせて頂き自覚したのですが、私は凛々しいヒロインが催眠によって無様でエロい姿をさらすシチュエーションが一番のツボらしいです。

この作品のヒロインの一人である女騎士は、まさに私のストライクゾーンです。

ストーリーの特徴としましては
1.主人公の性格が割とまとも(変態だが、厳格な意味での鬼畜や悪人ではない)。
2.催眠の結果、ヒロインたちが明るく変態的な行為にはげむ。
3.エロは最終的に和姦に近い形になる。
といった特徴から、他の多くの催眠系作品と比べて凌辱色が随分と薄い作品です。
とは言え、催眠作品としてのエロさで他に劣るという訳でもなく、常識改竄に特化したことで催眠後のヒロインの無様さに関しては全体でもトップクラスの出来です。
二人いるヒロイン(無垢な姫君と実直な女騎士)のうち女騎士の方は、最初のうちは姫に催眠を施すための障害です。主人公に剣を振りかざしさえした女騎士が晒す催眠後のまぬけな姿は、私にとってはまさにツボでした。

CGもいい出来だと思います。多少好みの分かれる絵柄かもしれませんが、この作品においては実に合っていました。
「催眠により変態的な行為を、そうと自覚しないまま得意げに行ってしまうヒロイン」たちの姿を、とても上手く描けています。

個人的に惜しむらくは、ラストのエロシーンが和姦に見えるような形になってしまったことです。タイトルやそれまでの流れを考えれば、催眠や変態性を含んだものでもよかった気がします。

もっとも、前述した凌辱色の薄さと和姦的な終わり方を合わせて考えれば、他の凌辱的な催眠作品に抵抗のあるユーザーの方にも楽しんで頂けるゲームかと思います。
私のような性癖のある方にはなおのこと楽しんで頂けるはずです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

催眠Hが楽しめます

2008年05月30日  

このレビューは参考になった×2人

いわゆる誤認系の催眠と孕ませがテーマになった陵辱AVGです。
どんな無茶なことでもそれが当たり前だと思わせる暗示薬を使い、清楚・可憐なお姫様と強気で誇り高い女騎士を、意のままに動く性奴隷に仕立て上げることが主人公の目的です。
最初の辺りは姫様に、手コキを乳搾りに精液はミルクだと思わせてみたり、作法だからとパイズリをしてもらったりします。
そうしてどんどんエスカレートしていき、主人公はミルク搾りの一環で姫様の処女を奪い、女騎士も暗示薬の力により心は高潔のままで身体だけコントロールして犯すなど、歯止めがかからなくなります。
後半は輪姦がメインとなり、二人は精液まみれにされますが、操られている彼女達は嬉々としてそれを受け入れていく展開となります。
値段もお手頃で、催眠・陵辱が好きな方ならまず満足できると思います。気になった方はどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

無題

2008年03月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

マインドコントロールものの中でも、肉体操作よりも常識改ざんを主としたゲーム。
ボリュームは小粒ながら、
ありえない行為を主人公や客の前でにっこり笑って行う姫達は
馬鹿馬鹿しいながらも男のロマンをくすぐります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

笑っちゃった

2008年01月17日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

こーゆー催眠・薬物系はたいていダークなストーリーですが、
この作品に関してはバッドエンドこそあるものの
全体的に明るめで、内容紹介文ほど陵辱色は無いので
ダークな作品が苦手な方も安心でしょう。
(ま、やってることは非道そのものですが…)

薬の効果により、二人の味覚・嗅覚さらに痛覚さえも
主人公の意のままに…。
うん。確かに男の浪漫なり。

そのテのコトを全く知らない姫の、かなりイタい勘違いっぷり
語尾にとんでもない言葉をつけて会話する二人
そして姫のエクセレントな足技。
思わず笑ってしまいました。

選択肢はいくつかありますが、それによって
ストーリーが多岐にわたることは無く、
ボリュームとしてはやや少な目。
Hシーンはそれなりにあります。

まぁ、値段に十分見合った作品ではあります。
軽い気持ちでどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!やっぱこれだね!

2008年01月11日  

このレビューは参考になった×3人

催眠系が好きならプレイする事をお勧めします!!

通常のエロゲーとは違い催眠術やMCを扱うゲームの醍醐味は、なんと言っても『ありえないシチュエーション』にあると自分は思います!

ただのHではなく、普通ならありえない行為すら「当たり前」といった意識でプレイさせ、キャラを堕としていくのはゾクゾクします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]