美少女ゲーム > unicorn-a > 詩篇69~深淵のメサイア~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 unicorn-aフォローする
販売日 2007年12月21日
シナリオ 秋史恭 / 浅生詠 / 和泉万夜 / 姫ノ木あく
イラスト 鷲宮光流 / うめ吉 / ちんじゃおろおす / 咲等
声優 風音 / 桜川未央 / 東かりん / かわしまりの / 成瀬未亜 / 歌織 / 深井晴花 / 中家志穂 / 滝沢アツヤ / 竹田彬夫 / 小次狼
音楽 Root.C / 音魔人
年齢指定
作品形式
シミュレーション / ヒロイック・ファンタジーSRPG
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

光も闇も愛も絆も、全て斬れ!〜運命に抗う者達よ、
蒼き魂(こころ)を剣(つるぎ)に込めよ!〜
深淵と救世———二つの結末。手にした武器で手にした武器でストーリーが変化する、
ヒロイックファンタジーシミュレーション!!

キャラが成長すると共に武器も成長する「熟練度システム」、
バトル中にも様々なイベントが発生し、ドラマティックに展開する「戦闘イベント」、
難易度激高!玄人ユーザーも舌を巻くほどの納得「ハードモード」。

その他にも、分かり易い戦闘方法、3Dから制作したユニット群、
個性溢れる召喚獣、2目からしか手に入らないマル秘武器など様々な要素を取り入れ、
初心者から上級者まで楽しめる要素が満載!

禁断の書『詩篇69章』を巡る戦いの果てに、彼は何を失い、何を得るのだろうか…?
そして、世界の選択は、今、一人の剣士に委ねられた!!

■登場キャラクター
◆【義のために祖国を裏切り、その生を熱く激しく燃やす剣の姫】リルフィニア
バランレインの王女。一国の将となれるほどに強く、常に戦場に立つ女将軍。
生真面目な性格で、筋道を通すことにこだわり、
理不尽に対しては実力行使を辞さない激情家。
その美しさとあいまって、兵の崇敬を集める存在。
軍籍にあったせいか女性として振舞うのにあまり慣れていない。
水浴びをしようと主人公の前で平気で裸になったり、ちょっとズレたところもある。

◆【神に抗い羽ばたくための翼を求め、心彷徨わせる異邦の少女】アリア
エディンガルドの姫巫女として、異世界(現代の日本)から召喚されてしまう少女。
家はカトリックの教会を営んでいて、父が神父をしている。
どんな相手にも分け隔てなく接することができる穏やかな性格の持ち主だが、
時に天然ボケの言動で周囲を呆れさせることも。
寄る辺なき異世界で自分を助けてくれた主人公についていくことになる。
基本的に元気で明るく前向き。しかし、魔剣を持つ男の精は巫女を穢すため、
恋愛と使命の間で揺れ動く。

◆【救世の英雄を求め、淡い恋の中にそれを見いだしてゆく王女】マリー
主人公が仕えるクランヴァールの王女。基本的にはお淑やかだが、
好奇心旺盛で深窓に収まっていられる性格ではない。
王国領を巡り、王都を空けていることも多く、父であるアンリ王を悩ませている。
ひとたび「これ」と決めたことには自分にできるすべてを賭けて取り組む。
救世主と信じる主人公を、かげながら支えるため従軍する。
王女としても女としても、主人公に尽くす。人前では「王女」と「騎士」の立場を
守っているが、主人公が周りの女性達にモテモテなの事に、
ちょっぴりヤキモチを焼く普通の女の子っぽさも持っている。

◆【無尽の友情を誓った守るべき者のため、戦場を疾駆する傭兵】ミレイユ
もとは貧民で、現在は傭兵。少女時代、両親を戦争で亡くしており、
その頃に伯爵家御曹司の主人公と偶然知りあう。
紆余曲折を経て、身分を超えた友誼を得たことで、ミレイユの人生は変わっていく。
自らの力で友を守ることのできる人間に——その願いがミレイユに傭兵への道を選ばせた。
幼馴染として主人公と『友情+愛情』をはぐくむ。傭兵をしていたため男っぽい容姿だが、
中身はやっぱり女の子。母性的な面もあり、主人公もミレイユの前では「騎士」ではなく、
歳相応の自然な振る舞いをする。

◆【−金の瞳に生まれた意味を鋼にこめて敵を討つ、魔導の鍛冶師】ウルリカ
聖教会の洗礼の時に、『ガイストの眼』を持っていると告げられる。
その瞳ゆえに平穏な日々を送ることができず、幼い心に傷も負った。
だが、その類稀なる能力を、大陸有数の鍛冶師集団『オルヴァ・ガイスト』に見いだされ、
俗世に別れを告げた少女は、その瞳で自分の生まれた意味を見つめ続けている。
非常に頭がキレるため、主人公の良き参謀・軍師といった感じ。
外見は幼さすら感じる小柄な女の子だが、傲岸不遜な態度で厳しい物言いをする。
一人称は「ボク」。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002592
ファイル名/ファイル容量
VJ002592.zip / 1.75GB (1883451974Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB 以上
HDD
1.9GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX9.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001552D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001552D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「詩篇69~深淵のメサイア~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

燃え(2) ファンタジー(2) 戦士(2) 女王様/お姫様(2)

萌え萌え騎士戦略

2011年12月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

いわゆるファンタジーSRPGってヤツですね。
このゲームは「萌え萌え大戦略」を遊んだことがある方なら
非常にとっつきやすいシステムだと思います。

この作品の見所はキャラですね。キャラがとても良いです。
特にメインヒロインのリルフィとミレイユが実に良いです。
リルフィは「熱い」+「不器用」な性格。他人が貶められれば物をぶっ壊すほどに怒り、
道義が通らねば相手が誰だろうとも戦います。
また実に「不器用」で彼女の場合戦果でもって愛情に応えたり、不器用ゆえに示す場合は
小細工無しの直球勝負するので、非常に「熱い」キャラです。

ミレイユの場合はリルフィと逆「静かに熱く燃える」タイプ
割とアリアと共にコメディ部分を担当することが多いのですが
作中で「いつもアンタのそばにいる」という言葉は冗談でも何でもなく
登場以降プレイヤーが指揮するステージに唯一常におります(他のキャラは場面場面で抜ることがある)
勿論、他のヒロインも魅力的。

問題点としては「深淵ルート」いわゆる陵辱ルート
こういうBADED系を遊ぶ方は大概がヒロインが敗北して
陵辱されたり、悪に転落していく過程いわゆる「悪堕ち」を
期待するかと思いますが、それは殆どありません。

リルフィの場合は純愛でも酷い目に遭う一方深淵では結末が
ノーマルに終わるだけで陰惨さとは殆ど無縁に終わり
逆にアリアは悲惨陰惨ぶっちぎり。陵辱というかむしろグロ
しかもアリア深淵ルートだけ独立ルートなので割と長い。
他のヒロインでも陵辱というかグロかラグナロクEDです。

ただし純愛のメサイアルートは熱いし音楽も格好良いし
挿入されるタイミングもばっちりなので実に良い話。
2週目で手に入れるユニーク武器も、見た目だけでなく
「必殺技」もちゃんと違う、能力もよしなので周回も楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

何週も遊べる。

2009年03月31日  

このレビューは参考になった×2人

マスがヘックスタイプのSRPGです。
各ヒロイン純愛、陵辱それぞれにルートがあり、また引継ぎ要素もあるので何週でも遊べます。
あと、一度体験した戦闘は飛ばせるので二週目以降もそれなりにスムーズにいけると思います。
ただ、ボリュームが半端ないので全て見るにはかなりの時間がかかります。
それでも、SRPGとしてもなかなかの出来なので買ってみても損はしないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]