美少女ゲーム > 銀時計 > こいとれ ~REN-AI TRAINING~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 銀時計フォローする
販売日 2007年12月07日
シナリオ なかひろ
イラスト 来栖達也 / あおぎりぺんた / こもわた遙華
声優 如月美琴 / 萌木唯 / 桜坂かい / 芹園みや / 風音 / 河合春華 / 彩世ゆう / 福井信介 / 西野真人
音楽 Little Win / TILDE
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆◆ストーリー◆◆
舞台は現代、都市と田舎の中間のような町——汐美台(しおみだい)。

主人公「沢崎 遊」は汐美学園に通う普通の学生。
ただ、母を春先に亡くしてからは、妹である「海」との生活を守るために
クラブ活動も委員会活動もしていない。
そんな彼の前に「恋愛部の部長:鹿子木ゆう」が突然現れ、
ほとんど拉致のような状況で恋愛部を見学することに。

恋とは何か。愛とは何か。
恋愛部を単なる出会いサークルと思っていた遊は、恋愛について
議論を交わす部員達を前に心が揺らぐようになる。
恋愛部の活動内容は、主に『ラブロワ』と呼ばれる、
ある一定のルールに基づいた恋愛をすること。

過去のトラウマから人と距離を置きたがる子。
異性が苦手な子。
恋することに気づかない子。
そんな本気の恋愛をできない者たちが織りなす、愛と恋の物語。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002576
ファイル名/ファイル容量
総計 1.84GB
VJ002576.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002576.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002576.part3.rar / 354.48MB (371699211Byte)
CPU
PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「こいとれ ~REN-AI TRAINING~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

作品自体はオススメだが少々複雑な部分有

2012年04月02日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

恋愛に奥手なヒロインたちと恋愛部という部活動の「ラブロワ(詳細は別レビュー等参照)」を通して関係を深めていくといった作品。

ラブロワのルール的にはNTRなどの鬱展開が入ってきそうな印象があるが、そういった鬱展開は基本的にはなく(ストーリーの進行上鬱に入りそうになる展開はある)、純愛ストーリーとして終始展開されていく。
特にオススメなのがうたはルートでストーリー・風音さんの演技の相乗効果で極上のツンデレお姉さんとして仕立て上げられている。
また、攻略対象外のサブキャラの妹・海ルートも秀逸。

ただ、若干ルート分岐が複雑というかわかりにくく、狙ったヒロインのルートに入るには慣れが必要。

ちなみに、攻略対象キャラは1人同級生、他全員先輩なので年下萌えの方にはオススメは出来ないか?(とはいえ鹿子木先輩というロリキャラは存在)

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!恋愛について考えさせられます。

2009年12月25日  

このレビューは参考になった×1人

ひょんなことから主人公は恋愛部に顔をだすようになり、何度も顔を出しているうちに恋愛部の活動(恋愛について議題を出しみんなの意見を出し合う)が気に入っていき、本入部することにした。

しかし、本入部後の活動こそが恋愛部の本当の活動だった。
その活動は「ラブロワ」といい、

・自分のパートナーに恋人をつくらせないようにする。(Hした時点で負け)
・相手のパートナーに恋人をつくる。(強姦はだめだが、その相手のパートナーがその気ならOK(そのパートナーとHした人がその気でなくても))
・最後に1グループのみ残った場合、鹿子木部長(金持ちの娘)が望みをなんでも叶えてくれる。

というものだった。


ラブロワの定義だけで見ると、相手をだましたりして傷つけるような内容になってしまいそうですが、そういう憂鬱な展開は無く純愛モノです。

キャラは可愛く、なんといってもシナリオがとても良く恋愛について深く考えさせられる作品でした。

共通ルートからの分岐がいっせいでは無く、このキャラは6月に、このキャラは11月に、という風に分岐するのでそこが少し面倒くさかったです。
個人的には共通ルートを全部通るキャラ(鹿子木ゆう)をクリアして後から他のキャラを攻略していくのがおすすめです。

個人的にオススメなキャラは羽音先輩と鹿子木先輩です。
あと恋愛とは無関係に海(非攻略キャラ)がめっちゃ可愛いです。

分岐が面倒くさいことを差し引いても十分良作といえる作品でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!恋愛力を高めましょう

2008年08月07日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :


新入生である主人公が、恋愛部なんて怪しい部活の真面目な活動に惹かれて……というストーリーなのですが。
中心となるのはラブロワという生き残りサバイバルです。
詳細は恋愛部に正式に所属してから聞いてくださいな。

シナリオが秀逸です。
正直なところDL作品はそういうところに弱点を抱えるモノが多いと思っていたのですが、これはまったく違いますね。
考えさせられる恋愛講座や、ラブロワにおける戦略なんていうのも魅力の一つでしょうか。(寝取られはないので。念の為)


画は評価の分かれるところでしょうか。顔の書き方がたまに独特だったり。
そういえば、メニューやコメディ部分で表示されるSD絵は抜群にかわいいです。

ひとつひとつを考えて選択したくなる選択肢といい、他のゲームには無い要素が詰まった作品だと思います。お勧めですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!キャラ順番分岐攻略が少し残念

2008年01月07日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

これはホント色んな意味でオススメです。
ヒロインとのHシーンは各キャラのルートに入らないと見れないのと
攻略キャラの分岐ルートが順番でその順番通りにやらないと
自分の好きなヒロインのルートにいけないのが残念でしたが、
クリア後に自分の選択肢によって恋愛偏差値を
つけてもらえるのがとても良いポイントですね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]