美少女ゲーム > TinkerBell > 保母さんといっしょっ!~双子とできるもん~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年12月21日
シナリオ ZEQU
イラスト 唯々月たすく
声優 一比未子 / 涼森ちさと / 天天 / 杏露花梨
音楽 Toriodesign
その他OPテーマ:『Happy Sunday』 唄:一比未子+涼森ちさと
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 保母さんアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

★ストーリー
主人公の勤める『まつのみ園』に双子の新人保母がやってきました。
新しく赴任してきた保母さんたちは園長の結城千鶴(ゆうき ちづる)の娘。
双子の姉妹未弥(みや)と真弥(まや)にとって、
主人公は幼馴染の『お兄ちゃん』。
幼馴染の微妙な関係で、
主人公は新人の保母さんの2人と『まつのみ園』で
4月から夏休み前の7月末までの4ヶ月の間、
一緒に働いていくことになったそんなある日、
未弥は昔のように自分を『妹』扱いする主人公に意を決して告白をします。
「わたしもう子供じゃないよ!」
「お兄ちゃんのことを受け入れれる位、大人だよ!」
その未弥の言葉をきっかけに、まつのみ園の中で展開されるH。
そして、主人公と未弥の関係をしってしまった真弥も
未弥に内緒で主人公と関係を持ちます。
果たして、この三角関係の先に待つものは…?

★登場キャラクター
◆結城未弥
基本的におっとりノンビリ、
マイペースと三拍子そろった双子の保母さんのお姉ちゃん。
少し恥かしがり屋で引っ込み思案なところがあるが、思考は前向き。
昔からのクセで先輩保父さんである主人公のことを、
うっかり「お兄ちゃん」とよんで赤面してしまうことも、しばしばある。
主人公とは仲がいい、というよりもどこか「なついている」という雰囲気がある。
秘めた想いを心の内にもって、主人公と同じまつのみ園に保母として赴任してきた。
趣味(?)は整理整頓と料理でピアノも得意。
裁縫が好きだけど、下手でよく指を針で刺してしまう。
少しはなれたところから見ていると子供が子供を
あやしている風に見えることも、ある。

◆結城真弥
活発で元気な雰囲気のある双子の保母さんの妹さん。
どことなく頼りない双子の姉、未弥が心配で同じ保母の道を
進むことになった「姉想い」な性格。
だが本心では、未弥同様、主人公を想う気持ちは変わらない。
走ることや木登りが得意(ただし高所恐怖症で自分の身長以上には登れない)。
低血圧で朝が弱く、午前中は何処かふらついている印象がある。
未弥とは違い、料理は苦手(本人曰く、「練習中っ」とのこと)。
極度のくすがったりで背筋をツ〜〜〜、
とされるだけで思わず、声が上がってしまう。

◆結城千鶴
主人公達が勤める「まつのみ園」の園長さんで
未弥&真弥の母親。
大の子供好きで多分、主人公達も「子供」の中に入っていると思われる。
どこか浮世離れと達観した、見方によっては天然ボケとも思える性格だが、
微笑んでやさしく抱きしめてくれるような、母性を感じさせる女性。

◆神保りな
主人公の担当するひまわり組のポ〜っとしたかんじがある。
ポニーテイル大人しめの女のコ。
主人公によく懐いている。

◆白木あかり
双子の保母さん、妹の真弥の担当するさくら組の女のコ。
素直で可愛いツィンティル。
主人公のクラスの、りなちゃんとは仲よしさん。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002570
ファイル名/ファイル容量
VJ002570.zip / 542MB (568329568Byte)
CPU
PentiumII 400MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 フルカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001205D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001205D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「保母さんといっしょっ!~双子とできるもん~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

双子と母親と……

2017年09月07日  

このレビューは参考になった×0人

ある意味、凄まじい破壊力を持つゲーム。
ネタバレを控える為、破壊力については詳細は述べずにおくとして(興味があるなら上記画像一覧を見よう)、基本は双子とイチャイチャしながらエッチな毎日を送る、という事だけ覚えておけばOK。
ゲーム自体が割と昔のものなので体験版で動作確認はしっかり行っておきましょう。ついでにゲームの内容に触れておくと吉。好きな人にはたまらなそうな一品。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ヒロインすべてに妊娠ENDあり。母娘3人同時孕ませも可

2009年12月09日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×2人

ヒロインたちが「保母」であること、物語の環境が「子供たちを預かる施設」であることを生かしたエロシーンが豊富です。ビニルプールでのSEX、屋上プールでのSEX、ピアノにもたれかかってのSEX、大きな鯉のぼりの布地にもぐりこんでのSEXなど。

 ヒロインも魅力的。真弥は一人称が「ボク」の女の子。すなわち『ボクっ娘』です。未弥は一人称が自分の名前。「未弥はね、お兄ちゃんが…」などと語りかけます。この双子たちの母親・千鶴は大きな娘がいるとは思えないほど若々しい。

 真弥と未弥が「双子」であるからには、3Pもばっちり描いてくれます。さらに「施設」で預かっている美少女たちの放尿シーンや、フェラ、SEXまで楽しめます(18歳以上なので問題なし!!)

 真弥・未弥・千鶴ルートすべてに妊娠ENDあり。ハーレムルートでは母娘3人同時孕ませも可能です。いずれもHappy ENDで、ハーレムルートの母娘3人同時孕ませは、描き方も丁寧で素晴らしい。4Pのあと、みんなしばらく熟睡 → 真弥と未弥が、主人公に対して「生理が来ていない」「妊娠しちゃったかも」と妊娠報告。その場にいた千鶴まで「そういえばわたしも来ていないわ」と妊娠報告。ENDは、3人が産んだ3人の娘たちの入園式の日。主人公が、母親3人・娘たち3人をカメラで一生懸命に撮影しています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

コンプが大変でした

2008年02月07日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

双子の姉妹未弥と真弥とのまつのみ園での日々を描いた作品です。舞台は全部まつのみ園なのでHシーンも全部そこでのものだけです。

全体的に中心となるのは未弥と真弥です。CGもこの2人のものが多いです。りなとあかりはほとんどないと考えていいです。選択肢が多くてルート分岐はわかりにくいし、内容量も多くてデータのコンプは結構大変でした。

プレイの期間は4月1週目から7月4週目までで、1週間単位で進んでいきます。自分がプレイした感じでは6月4週目までが前半部、その後が後部といった感じでした。前半部は、未弥と真弥の2人との話。後半部は、前半部の選択によりルートが決まる感じです。分岐の仕方は実はよくわからなかったのですが、たぶん双子以外は「順番」にエンディングを見ていく感じになると思います。

値段は少し高めの設定ですが、シーンの数を考えると決して高くはないと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!Twins Labyrinth

2007年12月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×3人

双子の幼馴染がヒロインというだけあって一見簡単に見えるのですが、実際やってみると結構難しかったりします。主人公の行動1つでエッチする相手が未弥か真弥に分岐するのは勿論ですが、未弥を狙ってプレイしていたつもりでも、終盤になると真弥寄りにストーリーが展開していたというどんでん返しも決して少なくはなく、そうなった原因は割と序盤のエッチ中の選択肢(例えば「もっと苛める」と「このぐらいにする」のどちらを選んだかによる好感度変化)にあったりもしましたから。まぁそれでも、ヒロイン人数が少ない分、難易度もそれなりにあり、総合的にやり応えはあったように思いました。
エンディングは未弥と真弥にそれぞれ個別で2種類ずつの計4種類、母親である千鶴のエンディングが1つ、複数エンドが2種類、そして、禁断の(?)エンディングが1つの合計8種類ありました。禁断の(?)エンディングの展開は「お、おい、いいのかよ!?」と思わず言ってしまうような展開だったりしました。
様々なイベントを通して双子姉妹との愛情を深めつつ、時にはインモラルな雰囲気も味わえるこの作品、楽しんでみてはいかがでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]