美少女ゲーム > TinkerBell > 陽だまりの陰で

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

 ほんとうは
   偶然同じ時間を過ごした
     ただそれだけなのかもしれない。

 『 陽だまりの陰で 』


ある日を境に、当たり前だった事に疑問がおきた。
そのせいで、何の疑問もなく通っていた学校、楽しいと思っていたゲーム、
このまま続くと思っていた毎日が違うものに見え始めた。
色々な事に気が付いて、毎日の変化がはじまった。
それが大人になる事だという事に気が付いたのはずっと後の事だった。
物心つくころには、自分がまわりより少しだけ恵まれている事を自覚した。
だけど、それは停滞していてのぼっていく感覚がなかった。
世の中は不景気だとか、なんだとか、そんな話題で溢れていたけど、
自分には関係なかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆◆製品概要◆◆

主人公の古間省は行き詰まった自分をかえようと思っています。
そこへ4人の女の子との出会いがあり、彼女たちとのコミュニケーションが始まります。
プレーヤーは主人公となって4人の少女たちとコミュニケーションをはかり、
希望、挫折、思いもよらない出来事、新しい発見などを経験していきます。
最後に彼女達と迎える結果は、主人公の選択次第で変化します。
未熟ゆえに歪んだ恋愛の先には、どのような運命がまっているのでしょうか……。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆◆登場キャラ◆◆

■塚守 詠呼(つかもり えいこ)
  主人公の幼馴染ににしてクラスメイト。幼い頃は良く主人公と共に遊んだり、
  話をしていたりしたが。進学してからは疎遠になっていた。
  とある切っ掛けから同じクラスメイトの杏や夏生と共に主人公をいじめる事となる。
  しかしながら、いじめは詠呼の本意ではなく、いささか罪悪感を感じている。

■苗葉 舞(なえば まい)
  学校でも評判の優等生。評価の高さはその学力だけでなく、美貌も少なからず影響している。
  しかし、評判の高さとは裏腹に彼女はそれを重荷に感じている。
  日々思う事は重荷から逃げる方法や、抵抗の方法であるが、根っからの真面目さ故に
  中々大きく実行できないでいる。そんな折り、主人公と出会うことになる。

■遠野 希亜(とおの きあ)
  良く言えば天真爛漫、悪く言えば天然。本人はいたって普通の女の子で、
  立派な大人のつもり。しかし外観の幼さも相まって周囲は子供扱いばかり。
  その反動から意固地に大人を目指そうとする。

■藍原 流宇(あいはら るう)
  好きな事と言えばアニメとゲームといういわゆる"オタク"
  オタクに対する偏見を自覚して、クラスでは日陰の存在。
  同じような趣味を持つ人間がいないため、中々深く付き合う友達もいない。
  主人公が以前屋上でノートパソコンを広げてゲームをやっているのを見て、
  興味を持っている。

■深潮 冴美(みしお さえみ)
  レズビアンの女教師。
  容姿の美しさの評判は高いが、がさつな性格がタマに傷。
  男に興味が無いので、その性的な矛先は希亜に向いている。

■妹尾 杏(せのお あんず)
  自分の好きな事はやらないと気が済まない。好きなことのためなら手段を選ばない。
  その一端に主人公へのいじめがある。周囲を煽動する奇妙なカリスマ性も持っている。

■空 夏生(そら なつき)
  常に冷静で、冷めた感覚の持ち主。潔癖症で世の中の色んな物をくだらないと思っている。
  しかし自分もその一員で有るという事が、彼女に重く堆積している。
  その堆積物の発散に何か刺激的な事を求めがち。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002569
ファイル名/ファイル容量
VJ002569.zip / 628.3MB (658819068Byte)
CPU
Pentium 400MHz 以上
メモリ
64MB 以上
必要解像度
640*480 フルカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001203D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001203D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「陽だまりの陰で」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

首輪/鎖/拘束具(2) 学校/学園(2)

陽と陰

2017年01月06日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

報復

2017年01月05日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ヒロイン達が可愛かった。複数調教とてもよかったです。少しハードな展開もあって、楽しめました。エンドも想像以上でした。全体的に良かった。ソフトからハードな展開の変わりよう、復讐や欲望が絡み合っていきます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

恥じらい顔がいい

2010年08月17日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

恥じらった感じの表情がどのキャラも素敵です。
またなんとなくはかなげともいう雰囲気のあるストーリーもよいと思います。
絵の良さは抜群だと思います。
自分の好みの傾向に合った作品なので大変好感がもてました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!日溜まりの影で

2007年12月25日  

このレビューは参考になった×1人

ストーリーはあんまり好みでは無かったんですが、絵柄が良さそうでヒロインも良い感じのが
多かったのでかったので購入しましたが損はせずにすんだようです。
シーンで一番良かったのは調教と凌辱がメインの幼馴染ヒロインですね数も多かったですし。
ルートは3個有ってハッピーエンド(だよね?)も有りますでもヒロイン全員分のEDは
無いんですよね…それでちょっと残念なヒロインも居ましたね。あと最後に隠しルートも
有りますが、これはHシーン以外は個人的には受け付けられませんでしたね。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]