美少女ゲーム > ローズティアラ > 嫁ぐるい ~義父との秘密の関係~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

主人公は妻を亡くして一人暮らしをしている大学教授。
ある日離れて暮らしていた息子夫婦から同居の申し出が。
息子の嫁は、元々は主人公の教え子で良く主人公宅にも出入りし、
それが結婚のきっかけともなった。
そして、息子夫婦との共同生活が始まるが、一月もしないうちに
息子に海外転勤の辞令が降りる。
半年と期限をきっての転勤辞令に単身赴任を決めた息子。
そして始まる、主人公とヒロインの二人きりの生活。
そんな中、元々以前主人公に憧れていたヒロインは、
ふとした切っ掛けで一線を越えてしまいます。
こうして、主人公とヒロインの許されざる生活が始まるのでした…。

▼登場キャラクター
留衣
年齢:27
サイズ:T154・B88・W58・H89・Dカップ
主人公の元教え子にして、現在は息子の嫁。
教え子の時より主人公に憧れめいたものと持っていた。
大人しくて清楚だが、内に秘めた性的欲求は強く、押しに弱い。
結婚生活により性的、肉体的に開花しつつある。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002553
ファイル名/ファイル容量
VJ002553.zip / 377.73MB (396078390Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
HDD
250MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001625D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001625D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「嫁ぐるい ~義父との秘密の関係~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

官能小説風

2012年12月14日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

主人公は初老の女子大教授だ。フランス思想が専門で、いまだに万年筆で論文を書いている。
妻を亡くして孤独を感じているときに、息子夫婦が同居を申し出てくる。
息子の妻は、以前の教え子。無邪気に慕ってくれた少女は大人の女へと成長していた。
やがて、息子に海外赴任の辞令が下り、二人きりで過ごす夜が始まる……。

まるで官能小説のような題材、というより、本作はあえて官能小説の雰囲気をだそうとしている。
「エッチ」や「エロ」ではなく、「艶っぽさ」を目指したシナリオ・演出のように思う。
ヒロインのハスキーボイスがこの雰囲気にぴったりあっていて、ぞくっときた。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

貞淑な嫁こそ犯す価値あり

2010年11月06日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

貞淑な嫁を義父がものにするという最高のストーリーです。
私は、蘭光生の「淫の系譜」のような、義父ものが好きなのですが、本作もまさにはまれるものがあります。
ソファにてわが膝の上にて乳をこねくりまわすなぞ、なんと最高の気分が味わえるでしょう。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]