美少女ゲーム > Innocence&Tam’s > Limit ~境界線~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2007年11月16日
シナリオ 星剣流
イラスト taka
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
あなたは最愛の妹のカラダを抱けますか?

ピッ…ピッ……
「ん……」
どうやらあの事故から数日が経っていたみたいだった。
病院で最初に目を覚ましたのは俺だったらしい。
俺は綾香とさちえがどうなったのかと心配だったので看護士さんに聞いてみた。
「・・・さちえは・・綾香は大丈夫なんですか!?」
「大丈夫ですよ。別の治療室で元気にしています。」
大丈夫だとしか言われなかった。それしか言われないことが余計に不安を駆り立てた。
それから2日経った日、看護士さんの声が聞こえてきた。
「女性の方の意識が戻りました!」
どっちの意識が戻ったんだ?と俺は気になった。
先生達の後をついて急いで病室へ行った。
さっきまで体中痛かったのだが、そんなことを感じることもなく二人の病室へ向かった。
うっすらと目を開けていたのは綾香の方だった。
俺は綾香に駆け寄った。
「綾香…綾香!…良かった…」
だが綾香から出た言葉は俺の予想とは違うものだった。
「……お兄ちゃん………」

——その日から俺達の異常な生活は始まった——

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002534
ファイル名/ファイル容量
VJ002534.exe / 239.05MB
CPU
PentiumII 300MHz以上
メモリ
32MB 以上
必要解像度
800*600 フルカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Limit ~境界線~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件