美少女ゲーム > ブルゲDL > 禁区に咲く花。~淫徳の牝姉妹~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年08月24日
シナリオ 左右田たかひろ(仮)
イラスト 桜衣まいり
声優 星乃あずみ / 青葉りんご
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◆ストーリー
主人公『光村慎悟』は、内向的で、平凡な男子学生である。
慎悟には、自身の通う学校で教鞭を執る姉『英梨子』と、女子校生の妹『りお』がいた。
平凡ながらも幸せに見える光村家だが、世間一般の家族とは少しだけ違っていた。
それは、弟が姉を、妹が兄を、実らぬ恋心を抱いているということ。
進学を機に姉と同居を始めたことで、慎悟の思いは更に募り、
実家暮らしのりおもまた、伝わらない思いを燻らせていた。
仲の良い姉弟たちの関係が、他愛ない日常が、ふとしたきっかけで歪んでいく……。

◆登場キャラクター

・光村慎悟(みつむらしんご)
主人公。
現在通っている学校への入学を機に実家を離れ、
姉が住むマンションへ引っ越してきた。
姉に対する恋愛(肉欲)感情が強く、姉を自分だけのモノにしたいと思っている。
普段は内向的な性格で友達も少ないが、姉に対しては異常な行動に
出ることがある。

・光村英梨子(みつむらえりこ)
主人公の姉で、主人公が通う学校の国語教師。
控えめでおっとりとした性格。外見は地味だが、男子生徒からの人気は高い。
主人公のことは、弟か教え子程度にしか思っておらず、
主人公の気持ちにも気付いていない。
性的な物事に興味はあるが、貞操観念が強く、未だに処女。

・光村りお(みつむらりお)
主人公の妹。
元気で活発。かわいい外見だが、小悪魔的一面もある。
主人公とは別の学校(女子校)に通っているので、
実家で両親と一緒に暮らしている。
主人公に対して兄以上の感情を抱いていて、抱きついたりキスをしたりなど
思いをストレートに表現してくる。

・アダルトショップ店員
エロそうなオッサン。
主人公に対しては、アダルトショップ店員とは思えないほど
フランクに接してくる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002466
ファイル名/ファイル容量
VJ002466.zip / 519.9MB (545154797Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 1GHz 以上
メモリ
256MB / 512MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0001465D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001465D)

禁区に咲く花。~淫徳の牝姉妹~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「禁区に咲く花。~淫徳の牝姉妹~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

手ごろに近親相姦を楽しむには良し

2007年11月13日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

実姉は主人公のことを男や恋愛対象としてみることのない常識人なので、実姉とのSEXにおいては「姉と弟でSEXなんて許されない」「弟の精子がなかに…」などの近親相姦の背徳感や反社会的な意識を感じることができます。その反面、実妹は主人公を愛している〜という意志を全開でアピールするのでは近親相姦に伴う背徳感や禁忌はやや薄いです。 近親相姦の反社会性とは切り離せない「妊娠」についても、近親相姦に当初抵抗を示していた実姉が妊娠することではっきり描かれています。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]