美少女ゲーム > Guilty > 傀儡女(クグツメ) ~催淫病棟24時~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Guiltyフォローする
販売日 2007年08月10日
シナリオ 神原正夫
イラスト 紅葉蛍
声優 榎津まお / このかなみ / 茶谷やすら
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 催眠中出しアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

◆◆プロローグ◆◆
主人公の野上高史は医大に通う学生。
伯父の経営している病院に研修という形で出入りし、
それなりに忙しい毎日を過ごしている。

精神医学を専攻していた高史はこのところ催眠療法に興味を持ち、
もっぱら催眠術の研究にいそしんでいた。
特に志があって医者を目指していたわけではない高史は、
医療よりも催眠の世界へはまりこんでいく。
熱心に研究してきたおかげか、最近ではかなり深い催眠をかけられるようになってきた。

ある日、ふと思いつき、高史はナースの一人に催眠術を試みる。
効果は予想以上だった。
ナースは催眠術に深くかかり、まるで高史の操り人形のようになってしまった。
こいつは面白い……。
調子に乗った高史はそのナースに催眠をかけたまま空き病室に連れ込み、
その身体を貪りにかかった。
さまざまな催眠を試しながらナースの身体を楽しんでいた高史だったが、
ふとナースの様子がおかしいことに気付いた。
そのナースは高史が命じた以上の狂態をさらし始めたのだ。
気付いたときにはすでに遅かった。
催眠を解こうとしても、ナースは気が狂ったように
快楽を求め続け手がつけられなくなってしまった。
結局、ナースは気を失うまで絶頂を求め、それでようやく大人しくなった。

次の日、高史は院長であり伯父でもある飯塚彰に呼び出される。
院長室に出向いた高史を待ち受けていたのは予想外の驚きだった。
それは昨日催眠術の実験に付き合わせたナースが辞めたということ、
そして、昨日の出来事を彰が知っていたことだった。
ナースは催眠が効き過ぎたのか、あまりにも快感に溺れすぎて、
錯乱状態に陥ってしまったらしい。

さらに彰の口から高史を驚愕させる事実が語られた。
この病院は、大物政治家や裏の世界の大物などに世間の目から
逃れるための場所として利用させていた。
そして、その時に病院の女医やナースを慰安婦としてあてがっているという。

2週間後にVIPの1人が検査入院という形で来ることになっているのだが、
実は今日辞めたナースを慰安婦としてあてがう予定になっていたのだという。
だが、昨日の出来事で使い物にならなくなってしまったため、
新しい慰安婦を用意しなければならないという。
いつもなら伯父自らがじっくりと調教して行くのだが、今回は急な話で時間がないという。

そこで、高史に催眠術を使って2週間のうちに仕込め、という事らしい。

断るという選択肢は用意されていなかった。
断った場合は病院にいられなくなる、もしくは一生病院で暮らすハメになるかもしれない……。

もちろん断るつもりなどなかった。
完全に言いなりになるつもりはないが、院長公認で催眠術の実験ができるのだ。
そんな面白そうな話に乗らないわけにはいかない。
高史は二つ返事で伯父の依頼を引き受けた。

次の候補はすでに決定していた。
それは高史もよく知っているナースだった。

そうして、
2週間という期限付きの慰安婦育成計画が始まった……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002447
ファイル名/ファイル容量
VJ002447.zip / 556.89MB (583944680Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz 以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001490D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001490D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「傀儡女(クグツメ) ~催淫病棟24時~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女医(2) ナース(2)

エッチぃ病院

2008年04月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

エロ中心のいわゆる抜きゲーです。
ストーリー云々よりエロに特化したオカズゲーでした。
攻略キャラは少ないもののエロシーンが濃くてEDも意外に多彩でした。
純粋にエロを堪能したい方にオススメできるかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

催眠術

2007年08月22日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

タイトルからも分かるように、催眠術を使ってヒロインにHな事をする、
という非常に分かり易い内容です。
一般的な抜きゲーとしての水準は満たしていると思います。
絵も良いですし、声優さんの演技も艶やかです。
特にCGはどれもハズレがなく、絵買いでも問題ないかと。

ただこの作品の肝であるはずの催眠術は、
Hシーンに持って行くまではよく使われるんですが、
Hシーンの最中にはあまり有効に使われてなかったのが残念でしたね。
催眠術はあくまで味付け程度に考えた方が良いかと思います。
また陵辱分も薄いので、濃い陵辱作品を期待して買うには物足りないかも。
逆に陵辱苦手な人でもプレイ出来るゲームだと思います。
良くも悪くも普通の抜きゲーですが、値段分の価値はあると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]