美少女ゲーム > Ciel > 真章幻夢館

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Cielフォローする
販売日 2007年08月10日
シナリオ 嘘屋佐々木酒人
イラスト Tony
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

▼Story
ある日、木戸の勤める探偵事務所に、大阪で探偵事務所を営む師匠の班猫から、
とある依頼が回されてくる。
依頼書の文面を読んでも「当方家人の身辺警護」とあるだけで、
詳しいことはなにもわからない。いったんは断ろうと思った木戸だったが、
芽衣に押し切られる形で、依頼主のもとを訪れる。

依頼主の住んでいるのは、山中にそびえる巨大な洋館だった。
そこには執事の柴田、下男の今田、メイドの望、家庭教師の薫が住んでいた。
周囲を広大な私有地に囲まれて、人の気配がまったくしない。
早速、詳しい依頼内容を執事の柴田に問いただす木戸だったが、
柴田は言を左右に濁して、依頼内容をなかなか明かしてくれない。やっとのことで、
依頼主がこの館の令嬢であることが判明するが、肝心の依頼主も、
木戸の前になぜか姿を見せようとしない。

閉塞的な状況の中、だんだんと木戸の前に、先代から続く秘密を持った
館の全貌が見えてくるが…はたして木戸は、因果の鎖を断ち切る闖入者なのか、
それとも、館の仕掛ける淫欲の罠に取り込まれる新たな贄なのか…?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002442
ファイル名/ファイル容量
VJ002442.exe / 588.9MB (617502555Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB以上
HDD
1GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001429D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001429D)

真章幻夢館の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「真章幻夢館」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

萌え(2) メイド(2) ムチ/縄/蝋燭(2)

ピックアップ

おすすめ!館モノなのにメイドはひとりだけ…

2007年08月29日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×5人

人気イラストレーター・Tonyさん原画の洋館モノアドベンチャーゲーム。

美麗なグラフィックと謎が謎を呼ぶシナリオ、最近あまり見なくなった「館に隠された謎…それを解くことが出来るのは第3者であるあなただけ」なんて設定が大好物の自分はかなり楽しめました。
あまり気張らず選択肢を選んで行っただけでも普通に謎が解けてしまったので、難易度自体はそんなに高くなさそうです。
分岐は最近のアドベンチャーにしてはわりと多め。
ストーリーは、「あっ!」と驚くような展開はあまり無く、全体的に淡々と進んでゆく感じ。
グラフィックは使い回しがありますが、立絵のようなものだと割り切れば気になりません。(笑)
主人公の性格が良くわからない…というか、行動に一貫性が無いように感じられてしまうのはちょっとマイナス点でした。
Hシーンも一般向けイベントもなかなか多いので、「エロ」目当てでも「館モノアドベンチャー」目当てでも、2,900円なら元は十分取れると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

洋館モノです

2008年07月25日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

ある探偵を主人公に、山奥の広大な洋館に隠された謎に挑むAVGです。
探偵モノと言う事で推理AVGかと思いましたがそんなことは無く、謎の数々は主人公がサクサクと自力で解いてくれるので、プレイヤーは内容さえ理解して話を進めていけばOKです。そうして、令嬢・あやのの謎、あやのの家庭教師・薫の正体、屋敷のメイド・望の秘密といった様々な要素が絡み合い結末にたどり着きます。
鞭や緊縛で調教されるSMシーンを披露してくれるあやの、ボンテージ姿でパイズリやストッキングを破りながらのHなど濃厚なお色気たっぷりの薫、あるイベント後に主人公の事を「ご主人さま」と呼んでくれるようになる望と、個性の強いヒロインたちと様々なHシチュエーションを楽しめました。
また、終盤では3P4Pは当たり前のハーレムエッチも充実しています。
洋館という場所と、キャラデザインが気に入った方はどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]