美少女ゲーム > RUNE > ぴヨナ=ピコナ

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 RUNEフォローする
販売日 2007年08月10日
シナリオ 猫舌あち
イラスト 野々原幹
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 魔法学園アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

★★ストーリー★★
主人公クロスは偉大な勇者をご先祖様に持つ、聖王家のいわゆる王子様。
しかし、魔法の素養がない彼は、後継ぎ不可の烙印を押され、
父親や親族に見限られてしまいました。
どうにかして自分を馬鹿にする人々を見返してやろうと、
クロスは世界有数の魔法の殿堂「魔法学園」に入学しました。
そこまではよかったのですが、魔法学園にたどり着いたその日に
超美人の魔法の先生「ベル」に出会い、本来その予定ではなかったベルに
いきなり弟子入りしてしまいます。
ずうずうしくベルの家に下宿までさせてもらうことになったクロスはさらに、
ベルの妹の「ヒヨコ」と出会うこととなるのでした。
いきなり美人姉妹と同居することになり、いやがおうにもクロスの
女の子大好きな性格は大爆発!。
この様子なら、きっと魔法学園にも可愛い子がうはうは——いや大勢いるに違いない。
目指せハーレム! 明日の王様!
クロスの、初志をさっぱり忘れた学園生活は、こうして始まることになるのでした。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002422
ファイル名/ファイル容量
VJ002422.zip / 422.85MB (443390660Byte)
CPU
Pentium 166MHz 以上
メモリ
64MB 以上
HDD
300MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX6.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004085D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004085D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ぴヨナ=ピコナ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!魔法世界のお話

2007年08月14日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

この作品はRUNEソフトの結構、昔の作品です。「Fifth Twin」の次の作品で、2001年の発売です。当時、かなり人気のあった前作を受けて、今作でも相当な人気だったことを覚えています。
よくある「魔法学園」のお話です。でも、そこはRUNEの作品です。「Fifth」シリーズにも通ずるシナリオに漂うコミカルミックスのほのぼのとした雰囲気は他の追随を許さないし、例によって原画家「野々原幹」による女の子の可愛らしさはピカ一です。勿論、貧乳メインなのはいつもどおりです。ベル先生には大人バージョンと少女バージョンとあるし、物語に関係無いが、えっちできる脇役(この辺は「Fifth」と「Fifth Twin」に近いシステムだといえる)もいるのでそれが全てではありませんが。
主題歌「Love My Darlin」を始めとする音楽面も良い出来です。つい、口ずさみたくなる軽快なテンポのBGMは物語を楽しく盛り立ててくれます。
この作品は「Fifth」シリーズと同じ世界の違う場所、異なる時間軸という裏設定になっています。「Fifth Twin」と。「Fifth Aile」の間という感じだったと思います。しかし、あくまでも裏設定上のものなので、「Fifth」シリーズをプレイしなくても全く支障ありません。
全てにおいて楽しめる、良い作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]