美少女ゲーム > CAGE > 檻の中のわたし

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 CAGEフォローする
販売日 2007年07月24日
シナリオ 武藤礼恵
イラスト ゆきみだいふく
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 私語りアドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー
私の名前に変化がありました。
苗字が新しくなったんです。
私の苗字は……嵩邑(たかむら)っていいます。

私は孤児院の前に捨てられていました。
捨てられていた……とは言い難いかも知れません。
だって、私を産んでくれたお母さん(きっとお母さんだと思います)は
私の名前とおむつとミルク、それから僅かばかりのお金を置いていってくれたからです。
手紙には「経済的な理由で育てられません。本当にごめんなさい」
と書かれていました。
院長先生がそれを大切に取って置いてくれたので、
今でも私にとってはお母さんの思い出になっています。
でも、嵩邑となった私は、産んでくれたお母さんのことを「死んだ」ことに決めました。
そう考えた方がいいと院長先生も言ってくれたのです。

孤児院での生活は辛かった……と思います。
思いますっていうのは、私には分からないからです。
男の子も女の子も、私に辛く当たるのです。
でも、そういう時はどうも私がバカなことをしているらしいからです。
一番年長のお姉さんがいろいろ教えてくれたのですが、
どうも私は間が抜けているらしいのです。
だから、みんなをイライラさせてしまっているらしいのです。
ただ、私は自分のやり方で一生懸命なのに。
でも、いいんです。
こうして孤児院のみんなにいろいろなことを教えてもらったのですから。
だから、嵩邑の……
私の家ではそうしたことを生かしていこうと考えているんです。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002389
ファイル名/ファイル容量
VJ002389.zip / 538.97MB (565150068Byte)
CPU
Pentium 166MHz 以上
メモリ
64MB 以上
HDD
200MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX6以上
ソフ倫受理番号
受理番号0004113D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0004113D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「檻の中のわたし」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

鬱(2) 少女(2) ぷに(2)

鬱ゲーです

2007年08月03日   投稿数 : 9位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

不幸な境遇に置かれたヒロイン「ナオ」の視点で描かれる、ダークな雰囲気のアドベンチャーゲーム。
物語はヒロインの一人称で進行し、その時々の心情を選択することによりシナリオが分岐していきます。
とにかく主人公が可哀想な目に遭うゲームなので、そんなところにキュンと来てしまう人にはいいのではないでしょうか。
グラフィックは塗りにちょっと丁寧さが欠けている様な気もしましたが、ぷにぷにとしたキャラクターは非常に可愛らしいです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ここは檻の中

2007年08月03日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

ケージの記念すべきデビュー作。原画担当のゆきみだいふく氏の可愛らしい絵柄が良かった。
可愛いちょっと暗い性格のヒロインがいじめられる、ダークで悲しいストーリー。内面描写が秀逸。救いの無いエンディグばかりなので苦手な方は注意。内容とタイトルが良く合っている。
エロシーンが多く嬉しい作りだった。
声優のまきいづみさんが出演しているのでファンの方々はぜひ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]