美少女ゲーム > Finish! > プリンセスサーガV ~希望の美姫~

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 Finish!フォローする
販売日 2007年06月15日
イラスト みんめい
声優 榎津まお
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

侍女として王宮に仕えていたアリス。
反乱によって滅びた国を再興するため、仲間とともにあての無い旅を続けていた。

路銀が尽き、ある町へ立ち寄った一行。
仲間達のために、僅かに残ったお金を持って一人で買い物に出かける。
しかし、その帰り道に兵士達に呼び止められ、捕まってしまう。

地下牢に閉じ込められてしまったアリスは、犯された挙句、
残忍な貴族によって拷問を受けることになってしまう。
蝋燭・三角木馬・クリップ・乳房挟み・くすぐりの刑……。
様々な苦痛や恥辱を受けながらも、アリスは耐え続けていく。
そんなアリスに対し、貴族が甘い言葉で取引を持ちかける。
アリスは見事拷問に耐え、姫の秘密を守り抜くことが出来るのか?
それとも……。

◆登場キャラクター
アイリーン
通称:アリス

亡き国家の宮廷侍女として振る舞っているが、亡き女性君主の本当の一人娘。

母の跡を継ぐべく英才教育を受けてきた。アリスとは対照的に剣技が苦手だが、
貴族、統治者としての恵まれた才能を順調に伸ばしてきた。
指導者として、母のような英雄的あり方は自分には向いていないと悟り、
それもあって、やんちゃな影武者、アイリーンを頼みにしている。
また、一緒に育ったため、彼女のことは双子のように大切に思っている。
気品、優しさ、知性、落ち着き……どこをとっても、姫らしい姫。
侍女としては、ひたすら大人しく従順に振る舞っている。

世間知らずゆえの浮世離れしたところが侍女を演じるギャップと相まって、
激しい「お嬢さま系天然ボケ」として現れる。
こうと決めたらガンコなところだけは、アイリーンと似ている。

上品な敬語。慌てたり興奮したりすると、本来の気高さが覗きかけることも。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002346
ファイル名/ファイル容量
VJ002346.zip / 196.61MB
CPU
PentiumIII 500MHz以上 / PentiumIII 800MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001252D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001252D)

プリンセスサーガV ~希望の美姫~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「プリンセスサーガV ~希望の美姫~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女王様/お姫様(3) メイド(3) ファンタジー(2)

苦痛系の拷問多め

2007年07月26日  

このレビューは参考になった×3人

プリンセスサーガ・シリーズの五作目・最終章です。
これまでの作品と同様に同時進行する話の一つを描いた物ですが、若干ながら続き物という形式にもなっています。
最終章だけあってそれまでの四作を受けての話になりますが、エロの内容には特に繋がりはないことなどもこれまでと同様です。
むしろ、前四作はいずれも「次回へ続く」な終わり方なのに対し、この作品ではひとまずの決着が着きますから、五作のうちどれか一つだけというのであればこの作品がお薦めです。
前四作については「各ヒロインそれぞれに色々あったようだけど、どうにか切り抜けて合流した」程度に認識していれば充分ですし。
内容も色々な意味でオーソドックスに纏められていますし。

今作ヒロインのアイリーンは実は本物のお姫様で、一作目のヒロインを影武者として立てて侍女に扮しています。
そんな彼女が兵士に捕まり、領主貴族の陵辱と拷問を受けながらも、仲間の居場所や自らの正体を隠し通そうと耐え続けるお話です。
個人的に、この作品が一番オーソドックスな「お姫様陵辱物」をやっているな、と思いました。中世欧風な剣と魔法の世界で戦時とあれば、身分を隠すとか正体を暴くべく拷問とかはやはりお約束ですよね。
ヒロインの姫も、実にお姫様らしい気高い心の持ち主ですし。誇りを胸に抱えながらあれやこれやの拷問に耐える姿は何とも立派です。

ともあれ、そんなお姫様が耐え抜くか、はたまた苦痛に屈して快楽に溺れるのか、というお話がお好みな方、あるいはこのシリーズどれか一本なら何が良いかと迷っている方などにお薦めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!希望の美姫

2007年07月17日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

シリーズの最後は宮廷メイドのアリスの物語です。実は本当の姫はこの人でした。
身分を隠したまま気丈に調教に耐える姿に興奮間違いなし!快楽に溺れていく姫のラストも見もので期待を裏切らないできです。シリーズですがこれだけでも楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!プリンセスサーガ5番目

2007年07月02日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

今回のヒロインの侍女のアリスは実は亡国のお姫様なのだ。
そんなアリスが残忍な貴族の拷問に耐え、姫の秘密を守れるか見所だ。
アリスにどんな拷問がされるのかはやってからのお楽しみですがとにかく
興奮すること間違いなしのメニューだ。
本当はお姫様なアリスが正体を知られることなく犯されることに興奮しちゃいます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]