美少女ゲーム > すたじおみりす > 月陽炎 DVD Edition

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年05月22日
シナリオ 宮蔵
イラスト 仁村有志
声優 乃田あす実 / 青山ゆかり / ダイナマイト★亜美 / 関和美 / 春野日和
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / マルチシナリオ型アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

●月陽炎
<ストーリー>
輝く月、燃ゆる夕日。それは決して相容れる事無く……
時代は大正。
明治と昭和の狭間にある、ほんの僅かなその時代。

ひらひらと紅く、黄色く木の葉が舞い降りる季節。

帝都からやって来たのは一人の青年。
一つの大きなトランクを抱え、にこやかに街並みを眺めている、人の良さそうな青年。

ただ父から言われ、たどり着いたその街。
好奇心に心躍らせながら向かった場所は、何処か懐かしささえ感じさせる。

出会うは少女。
二人の少女。

流れのままに過ごす日々の中で、青年は一人の少女とやがて心通わす。
だが、それは偶然ではなく必然の恋。
青年はこの街にやって来た本当の理由を知ることになるだろう。

拭えぬ運命に戒められ……
大切な何かを失ったとしても……

それでも、ほんのひと欠片の幸せを追い求めた、
少女と青年の物語が、今そっと幕を開ける……。


●月陽炎〜千秋恋歌〜

月陽炎本編でユーザーの人気を集め、追加シナリオ要望の高かった「鈴香(すずか)」
「双葉(ふたば)」。この2人のヒロインに焦点を当て、
本編補完・別の可能性を見せる『Before Side=鈴香』、
後日談・本編ED後の 探偵悠志郎&双葉の事件簿『After Side=双葉』の独立した
シナリオ2本を収録。また、コスチューム面では従来の巫女服・矢絣着物に加え、
新たに『メイド服を着用したイベント』を追加。Hシーンは、鈴香・双葉に各3〜4種類づつ、
ボリューム&バリエーションのある展開を用意しています。

<多彩なおまけモード>
月陽炎同様、ゲームを進める度にさまざまなおまけモードが
タイトル画面に追加されていきます。また、従来のCG閲覧・音楽鑑賞等に加え、
月陽炎本編の多彩な「導入部」や「エンディング」を鑑賞出来る
「序章/終章鑑賞」、立ちグラフッィクのビューワーである「試着室」等、
本編をさらに楽しんでいただけるモードを盛り込んでいます。

<アクセサリー類>
システムボイス集、ミニゲーム等を収録。
<新規ヴォーカル曲>
鈴香用、双葉用ED曲として2曲を新規追加。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002310
ファイル名/ファイル容量
VJ002310.exe / 1.68GB (1806338534Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 450MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0a以上
ソフ倫受理番号
受理番号0000640D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0000640D)

月陽炎 DVD Editionの関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「月陽炎 DVD Edition」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

おすすめ!繊細な絵柄の伝奇物語

2016年07月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵柄や雰囲気が気に入ったならおすすめの作品です。可愛らしいキャラクターと、繊細な絵柄にストーリーが魅力。
読みものとしての面白さもさることながら、ゲームであることを活かした演出も多々散りばめられており、往年のADVゲームの良さが詰まっています。
特にゲームの導入、エンディングの演出が秀逸で、繰り返しプレイも飽きない工夫がされているのが良いところ。
絵柄に惹かれたら、是非プレイしてみてほしい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

音楽・内容ともに良いです

2008年04月01日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

陰と陽が印象的な2人のヒロイン中心のお話です。
攻略するたびに選択肢が増えていくシステムで飽きがきません。
一度の攻略ではお話の全容は全く見えませんので何度もプレイすることになりますが苦になりません。
純粋に楽しめる作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ほんわかとドロドロとラブラブの三重奏。

2007年07月27日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

月陽炎の本編は有馬柚鈴の有馬美月の二人を中心に話が進んでいきます。
千秋恋歌の方はサブヒロインの有馬鈴香と幸野双葉にスポットがあてられています。
萌え系のゲームでは珍しく母親も攻略できますので、○○を攻略したかったのに‥。
○○のお話が少ない‥。ということにはならないとおもいます。
また、主人公が他の作品と比べて年齢が上なので、ちょっと若い主人公には
感情移入できない人でも感情移入できるとおもいます。

ゲーム序盤は仁村有志さんのおもわず抱きしめたくなるようなかわいい絵と、
キャラクターのかわいいしぐさが印象的です。
ストーリーが終盤にさしかかると伝奇だけあって
おどろおどろしい展開になっていくのですが、
悲しみの中に光るヒロインの純粋さが印象的ですね。

Hシーンもしっかりしてます。この時代なのになぜかメイド服をきたエッチや
ちょっと罰当たりなエッチシーンなどとバラエティに富んでいます。

萌えも物語もエッチも味わえるお得な作品だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!すごい

2007年07月17日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

この作品は、有馬柚鈴、有馬美月の2人の姉妹が
物語のメインヒロインとなり話が進んでいきます。
彼女たちとの暖かい日常、賑やかな日常が楽しく描かれ、
結ばれた後のさらに想いの深まる様までもが
楽しく描かれているだけに、プレイ後も心に残ります。

また柚鈴、美月ばかりでなく
それぞれのヒロインルートにおいても
物語の根幹は同じであるものの
物語の展開が大きく異なり、
各登場人物のいろいろな一面が見られ、
ラストまで飽きずに物語を楽しむことが出来ました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!とにかくやってみてください!

2007年07月10日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

登場人物がとても個性豊かでとても可愛いです^^
登場人物の中に探偵志望の女性がいるのですが、その子がお気に入りです。

 物語は明治のお話なのですが、やり込むほどに物語の真相が明らかに
なっていき最終的には予想もできない悲しくもどこかに希望があるような
(言葉にうまく表せない)ラストを迎えます。

 エンディングもかなりの個数あり、一つ一つがとても重く感動できます。
絶対の自信をもってオススメできるので、是非この感動と切なさを
味わってください。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!泣けたゲームレビュー

2007年06月20日  

このレビューは参考になった×3人

大正時代を舞台にした伝奇系ゲーム。シナリオ、キャラクターともに魅力的で、音楽がそれらを盛り上げています。
幸福な日常、変化していく感情、そして運命という逃れられない鎖に縛られながらも進んでいく主人公とヒロインの姿を、一度見てみてはいかがでしょうか。エンディングを迎えるたびに表れる新しい物語、それを紐解くのはプレイヤー自身です。幾つもの切ないエンディングを経てたどり着く終焉は、決してハッピーエンドではないけれど、それでも前へ進んでいく主人公たちが印象的でした。各エンディングの最後に表示されるヒロインのメッセージも心に残ります。
『月陽炎』本編での攻略可能キャラクターは五人。活発なツンデレ娘・有馬美月。人見知りの激しい不思議な少女・有馬柚鈴。この二人をメインヒロインにして、心優しい母・有馬葉桐、厳しくも頼れる姉・有馬鈴香、探偵小説好きの友人・幸野双葉、この五人が攻略可能です。葉桐を除くヒロインにはヴォーカル曲が用意されており(鈴香と双葉は『千秋恋歌』で追加)、キャラクターの魅力が惹き出されています。またオープニングムービーでは、歌の間に美月と柚鈴のセリフが挿入されたり、物語を進めるにつれてタイトル画面が変化したりと、様々なところにこだわりが見受けられます。ひとつのエンディングまでの所要時間は、スキップを使わずに5時間ほど。一度クリアすると別のルートが解放されます。共通部分も多いのでスキップは可能です。エンディングは12個用意されていますが、双葉だけは違った物語の流れとエンディングを見せてくれます。ちなみに『千秋恋歌』はおまけ作品なので、『月陽炎』本編をクリアしてからのプレイを推奨します。
物語を楽しみたい方にお勧め。でも、意外にマニアックなHもありますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]