美少女ゲーム > あんく > 百舌鳥ノ贄 音声収録版+外伝

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 あんくフォローする
販売日 2007年05月08日
シナリオ 烏童マリヤ
イラスト 卯月新
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 陵辱アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

「百舌鳥ノ贄」本編にボイスを追加したほか、「外伝」の内容もプラスしたお得な凌辱ADV!!
大正時代という浪漫香る舞台で、家族、そして愛する妹を地獄に追いやった者達への
復讐に燃える主人公の凌辱劇が繰り広げられる。
さらに外伝として、主人公が知らぬ間に妹の奈々子がどのような
ヒドイ扱いを受けていたかを描いた「外伝」も楽しめるボリュームタップリの1本。
凌辱好き、SM好き、欝展開好きにオススメ!!

◇◇あらすじ◇◇
大正時代という浪漫香る舞台で、復讐に燃える主人公の凌辱劇が繰り広げられるADV!!
復讐に燃える主人公が狙うのは、仇敵の掌中の珠である美しい令嬢達。
いずれ劣らぬ花を無惨にも奪い、汚し、散らかすのだ!!
CGの色調をセピアカラー風な「大正浪漫」と通常カラーの「総天然色」の
どちらかを選べるユニークな機能も搭載。
大正時代の古きよき奥ゆかしい女性キャラたちを好き放題凌辱せよ!!

さらに、「外伝」として、主人公・奈々子メインのストーリーも収録!!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002297
ファイル名/ファイル容量
VJ002297.zip / 834.06MB (874576069Byte)
CPU
Pentium 100MHz 以上
メモリ
32MB 以上
必要解像度
640*480 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0001347D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001347D)

百舌鳥ノ贄 音声収録版+外伝の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「百舌鳥ノ贄 音声収録版+外伝」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!復讐の 刃の音か 百舌鳥の声

2010年01月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

これは埋もれた名作に御座います。
主人公の情け容赦無い復讐の有り様に、思わず引き込まれてしまいました。
また、復讐のパアトナの一人となる人物も、
女性ならではの残忍さ、情厚き故の非情さを持つ
すこぶる魅力的で御座います。
さらに外伝では、主人公の妹の運命が描かれ、
閲覧後は、復讐への共感が増すことに御座いましょう。
そして時折出てきます「ポオズ」「メッチェン」などの言葉や、
往時を思わせるチェンバロやピアノの楽曲など
大正時代を偲ばせる雰囲気が適度に保たれて御座います。

惜しむらくはシステム面。
なにぶんにも古い作品で有ります故か、
バックログ機能やシーン再現などが御座いません。
もっともセーブ箇所は100個と多いので、
そちらを活用し、対応されれば宜しいかと愚考致します。
絵柄も古さを感じさせますが、それもまた一興。
懐かしき時に思いを馳せながらプレイする事も
宜しゅう御座いましょう。

ただし、もしかしたら描写に苦痛を感じられる方も
居られるやもしれませんのでご注意を。
苦痛を伴う凌辱に耐性をお持ちの方には、是非お勧めしたい一品に御座います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]