美少女ゲーム > Nail > Present for you ~わたしをあ・げ・る~ with Songs

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 Nailフォローする
販売日 2007年04月06日
シナリオ DEEZ
イラスト 椎咲雛樹
声優 野神奈々 / あおい和紀 / 理多 / 成瀬ゆら / 紫苑みやび / 内野一 / 立花十四朗 / 富樫ケイ
音楽 blue
その他OPテーマ:『hello my love 〜逢いに来たよ〜』/EDテーマ:『present for you』 唄・演奏:blue
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ラブコメアドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

両親からプレゼントされた許婚の“お姉さん先生(教育実習生)”と
甘い同居生活を満喫していくラブコメAVG。
メインヒロイン・千春は、昼は教育者の顔を持つ先生だが、
夜は献身的な許婚といった違った顔を持っており、
その二面的なギャップを存分に楽しめるストーリーになっている。
先生の時は悩み多き主人公を励まし、許婚の時は主人公の身の回りの世話はもちろん、
目覚めのキスや夜のエッチなご奉仕まで、献身的に尽くしてくれるのだ。
また劇中、自宅へは千春が先に帰って主人公を出迎えてくれることから、
どのような姿で出迎えて貰いたいかを「シチュエーションおねだりシステム」によって、
文字通りオネダリできちゃうぞ。
本作のトゥルーエンドは、もちろんメインヒロイン・千春と添い遂げることだけど、
幼馴染やクラスメイト、後輩らの女の子とも恋愛を育むことも可能だ。
もし他の女の子を選んだとしても、千春は主人公の幸せを祝福し、微笑んでくれるはず……。

▼▼ストーリー▼▼

真田俊輔(主人公)は、美術部に所属する学生。
ある日、別居している両親から「お姉さん」をプレゼントすると意味深な電話を受けた。
俊輔は、両親の話を冗談半分に聞いていたが、
間も無くして立花千春と名乗る女性が彼の前に現れる。
彼女は両親が決めた許婚で、さらには俊輔の通う学園の教育実習生でもあった。
しかも、どうせ結婚するんだからと新婚生活の実習も兼ねて、同居することも決められていた。
あまりにも強引な展開に戸惑っていた俊輔だったが、
それよりも千春が幼い頃に一度だけ出会った名も知らぬ少女——「記憶の中の少女」と
そっくりだったことに大きな衝撃を受けた。
こうして俊輔は、彼女と一つ屋根の下で暮らし始め、
献身的に尽くしてくれる彼女の温もりと優しさに触れ、すっかり新婚気分を満喫していた。
そして、彼女の教育実習が俊輔の学園で始まるが、
俊輔と彼女の甘い生活は変わらず続いていた。
しかし千春の登場によって、にわかに俊輔の周囲の女の子達にも微妙な変化が……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002257
ファイル名/ファイル容量
VJ002257.zip / 469.5MB (492302532Byte)
CPU
PentiumII 400MHz以上 / PentiumIII 500MHz 以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001284D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001284D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Present for you ~わたしをあ・げ・る~ with Songs」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 4件

おすすめ!体位を頻繁に変えるSEX + 丁寧なお掃除フェラ

2010年06月16日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

メインヒロインは、立花千春。シーン回想登録されているエロシーンは、千春がもっとも多く、他のヒロインは1個ずつです。
 サブタイトルに「わたしをあげる」とある通り、千春が自分の肉体を捧げて、いろんなご奉仕をしてくれる楽しいゲームです。
 『フェラの描写』がたいへん斬新です。チ○ポを咥えこんだCGだけでなく、その直前に、千春の顔が画面正面向きに大きく映し出されて「あ〜ん」と言いつつ口をあけておねだりするシーンがあり。また面白いのが、帰宅した主人公に対して、上記の「あ〜ん」と口をあけてみせ「お家に帰ってきたら、汚いところはきれいにしないと入れないんだよ?」とフェラ奉仕。
 フェラで射精する瞬間も、チ○ポを咥えこんだ状態でのCGと、口から数センチ離して射精 → 顔や口の中に精液が飛び散るCGなどあり。口の端から精液が伝っているCGがとてもエロい。

 SEXにおいて、『頻繁に体位を変える』のも珍しいです。千春には後背位→正常位→背面座位→正常位と変えていくシーンあり。射精後に「綺麗にしてあげるね」とパイズリフェラ=【お掃除フェラ】あり。もっともお掃除フェラでも射精してしまうのですが。

 他のサブヒロインたちにおいても同様で、1回のSEXシーンで次々に体位を変えていきます。源本留美はお掃除フェラというより、【回復】させて2回戦に突入。平良理沙はシックスナインでのお掃除フェラ。藤原まどかは、SEX直後に「あなたにちょっと余裕があったのが残念」「あなたの『一生懸命』なところが見たい」と言い出し、主人公がパイズリで一生懸命な腰使いを見せつけるのに笑ってしまいました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

Nailブランドの本質

2008年02月25日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

初回版ではBGM・SE・音声に至るまでMP3で別撮りされ、インストール時間が長かった印象がありましたが、今バージョンではサクサク遊べるようになり、いい時代になったものだと痛感。
 Nailというブランドのイメージは、上の表紙のように{お姉さん先生」であったり今作品のウリである「おねだりシステム」だったりするかもしれませんが、実際はDEEZ氏による「宗教」に傾倒したシナリオがある意味特色であり、今作品はとりわけ「旧約聖書」がキーワードだったりします。もちろん、普通の恋愛ゲームとしてもなかなかのもので千春トゥルーや藤原まどかのシナリオは好きだったりします。
 ただしA-GE氏の言うように選択肢は少々シビアだったです。私は偶然、自力で攻略できましたが今回はヒント機能付き、これまたいい時代になったものだ。
 今となっては少々古いですが、純愛ゲームがやってみたい人にはおススメ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!良い

2007年07月18日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×1人

シナリオ結構おもしろかったです。
ちゃんとお話が練られているなと。
ただ女性キャラのセリフがちょっと堅くて不自然なところも…。
正直いいシナリオだけにちょっと残念です。
音楽がかなり良い出来です。blueというグループが制作を担当されているようです。
それだけ取り出してもいい感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!千夜一夜の時を超え、春色の少女が、あなたに幸せを…

2007年07月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

全体的に難易度がかなり高めに設定されてるという感じがしました。ヒロイン達の好感度がMAXでないと、バッドエンドが確定してしまいますから。選択肢を選ぶ時には細心の注意とこまめなセーブが必要とされます……というのが製品版をプレイしての注意点でしたが、DL版ではその点が大幅に改善され、ヒント機能搭載によりだいぶプレイしやすくなりました。
ちなみに僕はこの作品を製品版で持っていますが、Vistaでの起動が不可能なため、DL版を買い直した次第です…。
エッチシーンに関しては、千春の場合は“おねだりシステム”によるコスプレやペッティング系のエッチが多く、それ以外のヒロインはラストの1回だけなので、もう少し濃厚でも良かったのでは?と思いましたが、ストーリーの展開上、仕方なかったのかもしれませんね。
攻略を進めて行くと、次第に明らかになっていく主人公・俊輔と千春の因果関係。果たしてその先に待つものは?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]