美少女ゲーム > Liar-soft > Forest

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

現代の新宿を舞台に、「森」と呼ばれる異空間に呼ばれた男女5人が、
その森から提示される謎・リドルに立ち向かって行く、エキセントリックな雰囲気のAVG。
本作の物語は「不思議の国のアリス」や「ピーターパン」「ナルニア国物語」等の
パロディーが幾重にもちりばめられ、非常に混沌とした異様な世界観を構築している。
また表示される画面もその世界観にマッチした独特の構成になっており、
演出面でも奇抜で実験的な試みが数多く見られ、
従来の18禁美少女ゲームとは違ったプレイ感覚を味わえる。

■ストーリー
現代・新宿に出現した禁断の領域[森]に選ばれた5人の男女。
森から提示される謎[リドル]を解き明かすことが出来なければ、
それぞれがこだわりを持ち、生き続けてきた新宿から追放されてしまう。
5人は一種の超常能力[ギフト]を駆使して[森]に対抗する。
[森]と奇妙な戦いを繰り広げていくなか、次第に結束力を強めていく5人。
しかし[黒いアリス]と名乗る少女の出現によって、5人の結束力が揺らぎ、乱れていく……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002237
ファイル名/ファイル容量
VJ002237.zip / 1.01GB (1084447182Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0001065D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001065D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Forest」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!エロゲー界の匠、めておの中でも優れた作品

2007年08月03日  

このレビューは参考になった×6人

レビュアーが選んだジャンル :

さて、Forest(略称:森)は数多くのエロゲーの中でも、非常に強い個性を
持つ作品です。
 システムとしては標準的なアドベンチャー、そのシナリオの題材は、英童話の
「クマのプーさん(ミルン作)」や「不思議の国のアリス(キャロル作)」、
「ナルニア国物語(ルイス作)」を取っています。
 なかでも、クマのプーさんは高い比率で使われており、イギリス童話を
あまり知らない人でも、クマのプーさんを知っているなら十分ニヤリと
楽しむことができます。もちろん、知らなくても、普通のAVGと
して楽しむことができます。
 
 Forestは音声の使い方が独特で、まるで映画を見ているような印象を覚えます。
もちろんFFなどのように、美しいムービー等があるわけではありません。
また演技力も正直高いというわけではありませんが、しかしその使い方から、
音声の使用はわりと高いレベルでの制作がされていると云えます。

 シナリオは一本道で、やや鬱も含まれます。イメージは暗め。
 ヒロインはキュートというより、ニンフェティッシュや妖美な印象を受けます。
女の子達の中に一種の暗い人間味があり、それを魅力ととるか、現実的な冷気と
見るかは人によって変わるでしょう。「お約束のヒロイン」とは違うタイプです。

 ある程度エロゲーに手をつけた人なら、一度買っておくべきだと思います。
 えっちではありませんが、雰囲気はアダルティック。大人向けゲームという
言葉がピッタリとくる印象です。ジャンルは今ひとつ当てはまる感じのが
なかったので躊躇しましたが、一応耽美に。

 ——何もしないでいられることが、できなくなってしまった人たちへ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

何とも評価しがたい独特なゲーム。

2017年12月08日  

このレビューは参考になった×0人

私には理解できないところも多かったのだけれど、中には高評価している人もいるみたいで、その高評価の理由が非常にこだわりを感じるものだったりする感想を良く見かける。
人によって評価が分かれやすい作品だと思う。
物語をいろいろ考察するのが好きな人には向いているのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!エロゲで演劇を見たい人に

2014年09月03日  

このレビューは参考になった×0人

普通のエロゲに飽きてきたころにこのゲームに出会いました。
朗読のように語られるセリフに、文と実際に再生されるボイスが違う演出、数々の童話や文学作品をモチーフにしたエピソード等、とても新鮮に感じました。また、登場人物のほとんどが大学生以上の大人のキャラクターで、しっかり考えを持っているので個人的に感情移入しやすかったです。ストーリーも、断片をランダムに拾っていく感じで、何度かプレイしててもひょこっと見ていないテキストが現れます。
文学好きや普段エロゲをやらない人にも勧めたく思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

コンプリートが難しいが、その価値あり

2011年03月11日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

このゲームは、「ENDに到達すること」と「シーン回想登録100%にすること」の難易度が高いです。
 しかしながら、ただ単に難易度が高いだけのゲームではありません。
TRUE ENDに到達することで、全シーン回想登録のうちのかなりの量を回収することができます。
そのため、まずTRUE ENDに到達するようにプレイをすれば、とりあえず一息つくことができますw
何回かプレイすることになった場合、あるルート(あるシーン)を一度通過することによって、
その次のシーンのテキストが変化することもあります。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!森、数多の木から成る者

2010年08月30日  

このレビューは参考になった×2人

『「光あれ。」こうして、光があった。』
神の言の葉から存在者が創造されます。これはキリスト教的世界観の一端であり、一概に
Forestの世界観と合致するとは言えません。しかし言の葉、そして言の葉から成る詩が
今作でも極めて重要な要素なのです。同士諸兄による既レビューから詩的な芳香を感じ
ませんか?私を含め、科学的世界観に生きるはずの人間を詩へと誘う魔力を、詩は、このForestはもつのです。類稀な作品。

過去の証言や出来ごとに飛ぶこともありますが、進行形式に多くの作品と大きな違いは
ありません。いくつもの選択肢があり、一撃で物語を沈黙させてしまうものもあります。
その場合は適当な場所まで戻るかどうか、コンティニューの案内が表示されます。
ぐるぐるしてしまうこともあるでしょうけれど、迷うのも一興!と思わせる魅力を今作、
とくにキャラ達が振りまいてくれます。買うのを迷う必要はありません。
迷うのは「森」だけでたくさん!

キャラクターの掛け合いは日常世界と「森」のどちらにおいても機知に富み、滑稽と
痛快と退廃と健気とぶっ飛びetc.とさまざまな笑いの種を提供してくれます。あの非常な
楽しさを欠いて今作は成り立たないでしょう。メイン五人以外の猫や兎やなんやかやも、
物語を賑やかにかつ重苦しく飾ります。むしろ彼らの方をお気に召す方もいるでしょう。

ふわふわなばらばらなうやむやなあちゃーなかんそー
超お買い得。文章スキップ不能、スキップED。ヨーホー!アリスゥウウ!ロマンチック。
愛。非エロシーンでおっき。てっつがくぅ!……
少しでもこの作品から貰ったなにかを伝えられていれば。とにかく、お勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!新宿の森を舞台にしたワンダーランド

2009年10月23日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

Forestの物語の真の意味を理解できる人はおそらく
童話に造詣の深いごく一部の人でしょう。私も深く理解することはできませんでした。

だからといって、Forestの世界を楽しめないかといわれればそれは違います。

ネズミーランドの乗り物や演劇、好きな音楽は深く意味を考えずとも
楽しめるものだと思います。
私は、このゲームをForestというアトラクションに
乗車し、観覧し、聴く作品だと思っています。

このゲームへのチケットは現実世界で手に入れるには対価が割高になるため
電子世界での購入を推奨します。
続々チケットが売れています。良い席はお早めにどうぞ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]