美少女ゲーム > ポコブラック > ポコゲー 蝕ジャラ東方使節団

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月29日
シナリオ でぇすて / assault
イラスト 甲斐 / えーたろー / すま
声優 / 鈴峰りお / 夏川菜々美
音楽 wataru(月兎)
年齢指定
作品形式
テーブル / 触手対戦ゲーム
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■ストーリー

——あるところに、男がいた。
いや、より正確には、『彼』は人間ではない。
近しい姿をしてはいるものの、明らかに人ではない、異形の者だった。

『彼』は——その身体に無数、かつ様々な形の触手を持つ、言わば魔物……。
ただ、それが世間一般に照らし合わせて、褒められた物であるのかどうかは、
さておくとして、『彼』には、人間と同じような『心』があった。
その性質は……残虐にして陰湿、そして孤高。特に淫欲に熱心な一面を持つ、
我々の『常識』からすれば、とても野放しにできないたちをしていた。

ところが、『彼』に、我々人間の理屈は通用しない。
人の寿命では計れないほど永き時を生き、超常的な力を多分に持っていた。
たとえいかに屈強な兵士であろうと、あるいは軍隊が束になってかかろうとも
『彼』一人の力で文字通り一蹴できるのだ。

誰がそう呼び始めたか、『彼』こと、『触手の王』は……ある意味、絶対者
だった………。

そして、その有り余る力を持つ者の常として、永き暇を持てあましている。
そんな王の『退屈しのぎ』は……世界を蹂躙すること………。
まったくもっての気まぐれで、何の前触れもなく様々な人の国を襲い、
女は我がモノとする。それが王の、呼吸がごとき日常だった。

——ある日、海辺に一隻の船が現れた。
その船は一風変わった装飾を施し、乗り込んでいる人間達も、今まで王が——
知識は多少あったものの——実際に見たことがない服装をしていた。

それは、遥か彼方の東の国から渡って来た使節団。何の用で来たのかは、
王にはまるで関係ないし、興味もない。
ただ、別の面で興味は惹かれた。使節団の人間達の中に、粒ぞろいの女が
何人かいたからだ。

『あの女達は、どんな風に泣くのかな……?』

王の中に、陰湿な興味が湧き上がる。そして、彼に、遠慮や躊躇いなどと
いうものはない。

彼は配下の——同じく異形の兵達を率い、すぐさま船に乗り込んだ。
そして、いつもの王の戯れ……惨なる宴が、ここに、幕を開く……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002126
ファイル名/ファイル容量
VJ002126.zip / 144.3MB (151310065Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB 以上
HDD
170MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
注意事項
※本作品は、ダウンロード販売を行うにあたり、パッケージ版を元に改変したものです。
ソフ倫受理番号
受理番号0002899D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002899D)

ポコゲー 蝕ジャラ東方使節団の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ポコゲー 蝕ジャラ東方使節団」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ゲームを楽しみながら触手

2012年03月23日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ゲームを楽しみながらご褒美で触手のHシーンが見れるゲームです。
ゲーム自体はテーブルゲームで簡単です。
慣れればあっというまに勝てます。
触手としてはかなりノーマルなのであまり凌辱的な感じではないので、そこは注意が必要。
触手作品をあまり知らない人だからこそ楽しめるような作品かもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!和風と触手

2009年06月03日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

作品のイメージは「船を使った貿易」が始まった時代背景があるのかなと思いました。
登場するヒロインは和風な服装キャラ。それぞれが触手に対して異なる反応をするので、
文字通り「三者三様」で楽しめました。
ヒロイン達がどのような触手でやられてしまうかはプレイヤーの腕次第です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!これまでよりも平均サイズが大きめ

2008年02月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

エロ+ミニゲームのポコゲーシリーズ第三弾です。
今回は和風ヒロインを相手に、御馴染の触手の王様が暴れまわります。

基本的なシステムやプレイ時間などは第一弾(ポコゲー〜触ジャラの塔〜)とほぼ変わらなかったので、第一弾と同じ感覚でプレイすることができます。

Hシーンに関しても、触手プレイ一辺倒なのや尺の長さなどは、前作や前々作とほぼ同じとなっていました。
一方で、Hの内容そのものは快楽系の雰囲気が強くなったため、前回までのプレイヤーは評価が分かれると思われます。
また、これまでよりも胸の平均サイズが大きめなのも特徴です。

さくっと暇を潰しつつ、姫・巫女・くノ一の和風ヒロインたちの触手プレイを楽しみたい方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

もう一息

2007年06月28日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

雰囲気的にわかるように触手を主としたゲームです。
使いたい触手の碑を揃え、力を貯めていき、対戦終了時に
一番力の大きい触手を使うという簡単な麻雀ゲームのようなものです。
ルールなどはとても簡単ですが、自分が狙っている碑がなかなか来なかったり
する時などもあります。しかしながら、難易度は低いものですので
こういったゲームが苦手という方にも問題はないと思われます。
触手は全5種、キャラは3人の計15枚のCGがあり、サンプルからみても
分かるとおり、綺麗な仕上がりとなっています。
惜しいのは値段の面とCG場面での一工夫でしょうか。
CG場面の時がどうしても少し、物足りなさ(恐らく効果音などがあまりない)を
感じてしまうので、そこが少し残念でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

良い物

2007年06月21日  

このレビューは参考になった×3人

簡単なミニゲームその後の報酬エッチという形式作品の中では良作
シチュエーションも選べるので面白い!でもエッチのみ見たい人からすると面倒に思えるかも・・・
全部揃えるまでに15回クリアが必要なのとENDINGが長いのが気になる人も多いと思う

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]