美少女ゲーム > じぃすぽっと > 犠淫母娘

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2007年01月26日
シナリオ 一本馬場南山
イラスト どどいつ
声優 海原エレナ / 須本綾奈 / 北都南
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 親子丼アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

▼ストーリー

県庁所在地Z市。先に行われた統一地方選挙直後、当選した知事を含めた候補者全員が選挙違反で
検挙されるハプニングが発生し、知事選のやり直しが行われる。

新たに立候補したのは、旧来の手法を固持し、県政に強い影響力を持つ大物政治家「山田大作」と、
”平和で清楚なまちづくり””弱者と人権を守るための政治”を標榜する
若く美貌の女性県会議員「加賀爪美咲子」。

加賀爪のクリーンなイメージは市民団体とマスコミによって煽られ、現在、
全国的な”美咲子旋風”という現象を引き起こしつつ選挙戦は展開していく。

両候補が知事選へ向けて走り出した中、加賀爪に復習を企てる、ひとりの男の影。
加賀爪の政治的圧力によって職を失い、あげくの果てには事故死してしまった
父親の復習を企てる主人公「木賊雨比古」とある偶然から、恋人「葵しずか」の
幼馴染である「六月瑞希」が、幼い時に六月家に養女に出された加賀爪の隠し子である事を知る。
親友ではあるが、勉強・スポーツ・人柄の全てにおいて自分より優れている有希に対し、
暗い嫉妬の炎を燃やすしずかの協力を得て雨比古の復習が始まる。

美貌の女性候補を得意の絶頂から、恥辱の地獄へと引き摺り堕とす雨比古の計画とは…。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002115
ファイル名/ファイル容量
VJ002115.zip / 213.33MB (223697421Byte)
CPU
Pentium 233MHz 以上
メモリ
96MB以上
HDD
160MB以上
必要解像度
800*600 フルカラー
DirectX
DirectX7以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001117D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001117D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「犠淫母娘」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

「県会議員」というセレブな女性を凌辱する珍しさ

2011年03月11日   投稿数 : 2位

このレビューは参考になった×2人

最初、「淫犠母娘」というタイトルを見たときに、この『犠淫』という部分が、『議員』にかけられた洒落になっていることに気づきませんでした。

 凌辱系ゲームの、「セレブなヒロイン」、「高い地位にいるヒロイン」というと、(1)医師・弁護士、大企業の部長などの職業をもっている女性、(2)会社社長の妻、社長令嬢など夫や父親という存在ありきのヒロインが多いですが、「政治家」というのは、とても珍しいと思います。上記の分類でいえば、(1)に該当するのでしょうが、職業がたいへんに珍しい。

 主人公は、亡父の敵討ちのために、県会議員「加賀爪美咲子」とその娘「六月瑞稀」を凌辱するわけですが、この母娘がふつうの母娘ではなく、瑞稀は美咲子の隠し子であるというのも、とても凝った設定だと思います。
 そして、主人公のほうでも珍しいと思うのは、天涯孤独・孤立無援の主人公が、復讐を開始するのではないことです。主人公には「恋人」や「亡父の親友」という仲間がちゃんといて、復讐・凌辱を助けてくれます。

 エロシーンで印象に残っているのは、瑞稀への強制フェラ。苦しそうな目つきと、顔を流れる汗にハァハァ。ちなみに、フェラ強制している主人公の足や尻を流れる汗も描写されています。美咲子においては、けっこうな熟女が、クンニによりひぃひぃ喘ぎ、乳房を自分でもみこんで感じるシーンがよかった。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]