({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2007年01月09日
シナリオ まどかあきら
イラスト 高野薫
音楽
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 法廷闘争アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

法廷闘争を題材にした一風変わった18禁美少女ゲーム。正体不明の連続レイプ事件の裁判で、
プレイヤーは正義の検事となって、相手(被告)側の弁護士と対決し、有罪を勝ち取り、
そして事件の全容を解明していく。もちろん、被害者の女性や、
無念の死を遂げた先輩検事の妹らとのラブロマンス(エッチ)もあるぞ。

●ストーリー

地方検事の赤城勇次(主人公)は、正体不明の連続レイプ事件の公判担当になった。
レイプ事件の立証には、被害者の女性達と話し合い、場合によっては証言台に立ってもらわねばならない。
彼女達にとっては辛い記憶であることは承知しているが、事件解決、
そして犯人を検挙するためには必要なことだった。勇次は被害者達の心をケアしながら事件の真相に迫っていく。
そうしたなか、この事件に「ブルーミスティー」と呼ばれる合法ドラッグが絡んでいることがわかった。
ブルーミスティーは勇次が兄のように慕っていた先輩検事が追い、
そして死に追い遣った因縁のあるドラッグだった。勇次は、この事件の裏に、
もっと大きな何かかが隠されているのではないかと感じ始めていた。

●ゲームシステム

ゲームは「通常アドベンチャーモード」と「法廷闘争モード」の2つの異なるモードから構成され、
通常アドベンチャーモードで得た情報や、構築した人間関係等によって
法廷闘争モードに影響を及ぼすようになっている。法廷闘争モードでは、
実際の裁判のような検察側と弁護側の論争が繰り広げられ、プレイヤーは被告人の
弁護側の尋問に「異議」を申し立て、裁判を有利に、また証人を援護するなど、
さも検事として裁判に立ち会っているような感覚で楽しめる。

作品情報/動作環境

ファイル容量
302.01MB
CPU
Pentium 133MHz以上 / Pentium 200MHz以上
メモリ
32MB / 64MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「判決」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件