美少女ゲーム > ういんどみる > くれいどるそんぐ ~昨日に奏でる明日の唄~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月22日
シナリオ あごバリア / ちゃとら / EQ
イラスト こ〜ちゃ / 啼兎☆
声優 日向裕羅 / 成瀬未亜 / 金田まひる / 北都南 / 海原エレナ / 岩田由貴
音楽 Ecnemuse
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / ハートウォーミングファンタジー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★★★ストーリー★★★

王都は、かつてない盛り上がりぶりを見せていた。

かつて、この大陸に多数生息していた悪しき『魔物』という存在を滅ぼし、
人類を死の淵から救ったと言われている伝説の生物『竜』。
その長であったとされる『聖竜』の物と思われる遺骨が発見され、
伝説上の生物だと思われていた『竜』の確かな存在の証に、人々は様々な思いを馳せていた。

中でも、遺骨の傍らに残されていた言葉、我々人類の者とは明らかに
違った言語で記されたその言葉は、『聖竜』から我々人類への
メッセージだと噂され、人々の熱狂をより激しい物へと押し上げている。

そんな王都の激しい喧騒の中、深夜の街を彷徨いていた主人公『クロイス・ターニア』は、
一人の幼い少女に出会う。その少女『レア・ティーア』が
抱きかかえていた動物、それは既に滅びたはずの『竜』の子供であった。

小さな気紛れから、レアと共に『仔竜』を育てる手伝いをすることにしたクロイスは、
かつての部下や良き友人達の協力を得ながら、
充実した生活の中で失っていた何かを再び見つけ出していく。

だが、王都に住む大勢の人々の目から、
その存在を完全に隠しきる事はやはり出来なかった。

小さな事件をきっかけにして広まってしまった『仔竜』の存在は、
瞬く間に国王の耳へと届き、国王は研究対象として『仔竜』の引渡しをクロイスに命じる。

『仔竜』のため、そして今は亡き妹の面影を残すレアの為にも、
クロイスは『仔竜』を守り抜くことを誓う。

国家を相手にした『仔竜』争奪戦の中、まともに争っても
勝ち目の無いはずのクロイスが取る『最期の手段』とは!?

一人VS国家……勝率1%未満の戦いが今始まる。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002102
ファイル名/ファイル容量
総計 1.89GB
VJ002102.part1.exe / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002102.part2.rar / 762.94MB (800000000Byte)
VJ002102.part3.rar / 407.97MB (427789601Byte)
CPU
PentiumII 350MHz 以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「くれいどるそんぐ ~昨日に奏でる明日の唄~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!ほのぼの・ファンタジー系

2010年05月10日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

ファンタジー系のほのぼのとした世界観の中に、ちょっぴりシリアスな展開が入っているAVGです。ほのぼの萌えな展開とシリアスな展開のバランスの良い作品だと思います。

ストーリーの概要は、『作品内容』に書かれている通りです。プロローグからクライマックスまで割と細かに書かれています。各ヒロインキャラによって、その内容は微妙に違いますが、『仔竜』のために奮闘しつつ、過去の出来事を克服して成長する主人公の姿が描かれています。

ヒロインキャラクターは6人です。そのうち4人が幼馴染みで、お姫様、女騎士、ウェイトレス、メイドと全員かなり個性的です。また、残りの2人についても個性的でキャラが立っています。ゲーム本編では、「レア」以外の5人のヒロイン(姉妹丼ありで6ルート)を攻略可能です。5人のヒロインを攻略した後に、Afterとして5年後の物語で「レア」を攻略できるようになります。

Hシーンは、各キャラにつき1〜3種類です。CGのクオリティーも良かったと思います。

全体としては、萌えとシリアスのバランスがとてもよい作品だと思います。Afterの最後の展開は、本編攻略中に読めてしまうかもしれませんが、全体のまとまりは良い作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!キャラが良くできている。

2008年02月13日  

このレビューは参考になった×4人

個人的にはかなり楽しめました。キャラの性格が良く出ているところ(男キャラ含める)がとてもよかったです。
ストーリーは先読みができるところが結構あるのですが、感動してしまいました。多分キャラクターの個性がしっかり出ているからなのだと思います。
先読みができるといっても内容でも十分満足しました。
オフィシャルサイトで体験版をやって気に入ったら買いだと思います。
ちなみに私は体験版ではほとんどで番のない「フィアナ」ルートが一番楽しかったです。
ちなみにこのゲームに出てくる女キャラは全員攻略可能です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

主題は何か

2007年07月18日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

質の高い萌えゲーを世に送り出しているアダルトゲームメーカー、ういんどみる。この作品にも当然萌え要素は多分に含まれていますが、「結い橋」や「はぴねす」と違ってそれが主題であると大手を振っては言えないところがあります。戦闘シーンとかもあったりして、後半はわりとシリアスですしね。一部のキャラでは鬱っぽい流れもありますし。
 ただ、これもキャラクターの魅力を損なってしまうようなものではないので萌えだけを求めてプレイしても期待を裏切られることはないでしょう。逆にストーリーを求めて購入した場合は……どうでしょうね。あまり過剰な期待はしないほうがいいかもしれません。
 萌えだけを求めるならばこのDLsiteでも発売されている「結い橋」をお勧めしますが、適度にストーリーも楽しみながらキャラにも萌えたいという人にはこちらがお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!くれいどるそんぐ 〜昨日に奏でる明日の唄〜

2007年06月21日  

このレビューは参考になった×2人

ひらがなで書かれているタイトルから連想するように、ほのぼのしてます。
そのわりに、エッチがハードだったんだけど・・・(汗

生きる目的を失った主人公(元騎士。今は冒険者)が、ひょんなことから少女と子竜と出会うことにより、再び生きる目的を見つけるお話。
キャラクターなどの設定は、メーカのホームページを参考にするといいです。みなキャラ立ちがしっかりしていて、感情移入しやすいと思います。
ヒロインによっては、立場があるので主人公と対立したりもします。
ただ、主人公が生きる目的を失ったためか、すこし冷めた感じなのでそこは人を選ぶかもしれません。
悪く言えば、へたれですね。最後の最後でかっこいい所を見せてくれますが(笑

最後に一言・・・幼馴染多すぎっ!(^^;

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]