美少女ゲーム > ういんどみる > 魔法とHのカンケイ。

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月15日
シナリオ 木之本みけ
イラスト 葉賀ユイ
声優 野神奈々 / 山根茜 / ありす / 菱勝 / 安玖深音 / 本山美奈 / 目白来庵
音楽 Elements Garden
その他OPテーマ:『魔法と恋のカンケイ。』 唄:NANA/EDテーマ:『出会いの魔法』 唄:KAKO
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 学園アドベンチャー
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

私立鳳林学園は、ごく普通の学園だ。

5年前に共学になったばかりの元女子高だから、
学生数は未だに女子が男子を上回る物の、他にはこれといった特徴も無い。

部活動は文科系にやや力を入れているが、私立学園としては珍しくも無いはずだ。

中でも特に魔法関係の研究部が盛んだが、これもまあ、よくある話といえるだろう。

そんな何処にでもあるような普通の学園で、俺は鳳生会
−まぁいわゆる学生会みたいなもんだ−
の書記を務めている。

どうしてそんな面倒な事をやっているのかと言われると困るのだが、色々あってそうなった。

三学期に入ったはかりのある日、鳳生会会長の鷺沼が俺に話を切り出した。

「知っての通り、我が学園は文科系の部活動に大変力を入れている。
それ自体は良い事だと思う。だから出来る事なら、部活動の資金を減らすような事はしたくない。
とは言っても、今の魔術関係の研究部は、いくらなんでも数が多すぎると思うんだ」

文化部の3割近くを占める魔術関係の研究部の内、3年の引退後に部員が1人になってしまった部を対象に、
レポートを提出させ、内容次第によっては同好会への降格、予算をカットすると言うのが鷺沼の案だった。

レポートのテーマについて頭を悩ませている俺に、鷺沼は更に提案する。

「魔術と性の関係、なんてどうかな?」
想像もしなかった過激なテーマに俺は戸惑うが、鷺沼は
「魔術の歴史には常に性的な要素が絡んでいるから」と涼しい顔だ。
結局、うやむやの内にそれがレポートのテーマに決まってしまう。

レポートの対象者となったのは3人。

黒魔術研究部部長にして俺の幼馴染みでもある“桃園 かりん(ももぞの かりん)”。
かりんと仲の良い後輩で忍術研究部部長の“風祭 子猫(かざまつり こねこ)”。
霊術研究部部長である俺の憧れの人“姫宮 亜弥乃(ひめみや あやの)”。

鷺沼に仕事を押し付けられた俺は、早速3人を呼び出した。
呼び出された3人は、レポートのテーマを聞いて真っ赤になる。

「よ、ようするに魔法とHのカンケイってこと!?」

「文献を調べてレポートにまとめればいいだけだって。実際にHしろって言ってるわけじゃ……」

俺は慌てて取り繕うが、この時既に運命の歯車(!?)は動き出していた。

そして、俺と彼女達の“魔法でH”なカンケイが幕を開ける!

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002101
ファイル名/ファイル容量
VJ002101.zip / 1.09GB (1170679493Byte)
CPU
PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
HDD
1.6GB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法とHのカンケイ。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

おすすめ!いい出来です

2008年12月05日  

このレビューは参考になった×4人

良い点
・様々なジャンルのHが楽しめる
・みんな処女
・ラブラブ度高し
・BGMがいい感じ
・子猫

悪い点
・主人公の性格がやや難
・一人に絞っていても3Pのシーンがある

シチュエーションはかなり豊富で飽きません。

ドMの人には子猫オススメ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!大満足!

2007年07月24日  

このレビューは参考になった×4人

キャラ、シナリオ、Hシーンのどれもかなり満足できました!
最初買ったときはそこまでシナリオには期待していなかったのですが、やってみたらどのメインヒロインもキャラがしっかりしていてシナリオも大満足でした。
ラストのほうの展開はどのキャラもよくできていて最後まで飽きることなくプレイすることができました。
しかも、クリアしたキャラは回想シーンだけではなくヒロイン視点からみたHシーンが見れてそのヒロインの感情がわかるのでとても面白かった。
しかしサブヒロインは一応はルートとしてあるがヒロイン視点からのHシーンもないし、内容も少し薄めなので、サブヒロインに惹かれて買うのはあまりお勧めできません。
個人的には断然かりんがオススメです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!シナリオ巧し

2007年07月17日   投稿数 : 8位

このレビューは参考になった×2人

シナリオがとてもよく練りこまれていて驚いた。
日常パートの基本構成は「登校」「昼休み」「放課後」の3つで、
放課後にキャラクターを1人を選ぶことになるのだが、
翌日以降のシナリオもそこで選んだキャラに関連してくる設計。
後半まで中だるみしないので、後半のシリアスなお話も
生きている。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!豊富なエッチのバリエーションに只々驚き!!

2007年06月25日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×2人

エッチのバリエーションが非常に豊富で、広い範囲のユーザーにお勧めできます。
普通に一人のヒロインに絞ってプレイしてもエンディングには辿り着けますが、3P的な展開も用意されているので、わざと他のヒロインとエッチしなければならないなど、やや複雑な攻略が必要な場面もありますが、辿り着いた時は嬉しかったです。
また、2人のサブヒロインにもエンドが用意されていて、期待を裏切らない造りになっていました!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!バリエーションに富んだHシーン。

2007年06月21日  

このレビューは参考になった×2人

Hシーンと言ってもノーマルなものから複数プレイ、触手、恥辱に陵辱と様々なものがありますがこの作品は上記に書かれたシチュエーションが全てあります。
どのぐらいあるかというと、レビューを書く際に10個まで当てはまるジャンルを付けれるのですが10個ではまったく足りないほどです。
登場キャラも巨乳やロリにも対応しており、ロリ攻めや巨乳のキャラを辱めるといったMな方やSの方のどちらでも満足できる内容です。
もちろん、純愛がベースですので陵辱が苦手な方でも問題ありません。
また、それぞれのキャラをクリアすると、クリアしたキャラでの視点による『女性視点』のHシーンを回想できるという非常に珍しいシステムが搭載されています(もちろん、通常の回想もあります)。
これほどバリエーションに富んだ作品はなかなかありません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!☆☆☆☆☆

2007年06月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

ロリもので可愛らしい絵柄ということで購入。
つるぺたで未発達な体なのにサド、というギャップのある設定の子猫ちゃんが気に入ったので「オススメ」。
自分よりずっと小さな女の子にいじめられちゃうというシチュに萌えました。
ただ、それに比べると他の二人がかなりノーマルなかんじで、少しものたりなく感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]