美少女ゲーム > トラヴュランス > 巫女さんは幼妻(巫女神あばんちゅ~る) [7対応版]

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年12月15日
シナリオ 土佐よしひろ
イラスト 天織龍樹
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 恋愛成就シャーマニック・アドベンチャー外伝
その他
ジャンル
  • この作品は「Buddyシリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ Buddyについて ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

僕は葉月 亨、神学系大学に通いながらこの『萌葱神社』の宮司代行をしているんだ。
最初はタダの宮司代行のつもりだったんだけど……実はこの神社には氏神であるところの
『巫女神さま』萌葱(もえぎ)ちゃんが実在していて……
(そんな経緯のお話しは『ぼくの巫女神さま』を見てもらうとして)
……そして僕は結果的に宮司の血筋である如月家の次女、
葵(あおい)ちゃんと結ばれたんだ……
と、ソコまでは良かったんだけど……

やっぱり、エッチをすると女の子は積極的になるって言うか……
あれだけ奥手だった葵ちゃんはすっかり尽くすタイプになっちゃって、もう毎日アツアツだよ。
勿論僕としては嬉しい限りなんだけど……
あれだけ「巫女は処女でなければいけません」と言い切っていたお母さんの彩乃(あやの)さんまで、
公認どころか強烈な後押しをするようになっちゃって……

葵ちゃん自身、あれだけ苦手だった家事もグングン上達し始めるし、
「あなた好みの奥さんになりたいの♪」なーんて言ってくる様にまで。
だから僕たちは婚前だと言うのに、離れに部屋を与えられ、
毎晩一緒の布団で二人っきりっていうコトに♪

……でも、元から僕に好意を持ってくれてた長女の碧(みどり)さんや
三女の茜(あかね)ちゃんは、二人を応援してくれつつも、
なんとな〜く熱い視線で僕を見てるし、義母さんの彩乃さんまで
エッチのコトについてまで根ほり葉ほり聞いてくる始末だ。
それに……葵ちゃんの親友でレズっ娘の藍(あい)ちゃんも、
相変わらず葵ちゃんにアタックしてくるし……

嬉しいんだけど、熱烈な女の子達に、なんか僕は負けちゃいそうです……

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002043
ファイル名/ファイル容量
VJ002043.exe / 490.05MB (513858403Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 500MHz以上
メモリ
128MB 以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX7.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0003842D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0003842D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「巫女さんは幼妻(巫女神あばんちゅ~る) [7対応版]」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!一筋の愛or狂宴の愛

2007年07月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×1人

[ぼくの巫女神さま]における葵エンドを迎えた後のアフターシナリオ作品です。恥ずかしがり屋だった葵が積極的になっていた事と、家事能力が飛躍的に上達していた事にとても驚きました。
この作品では、シナリオの展開が両極端で、葵一筋かハーレムかのどちらかです。果たして、貴方はどちらを選ぶのでしょうか?
プレイされる方は、まず[ぼくの巫女神さま]をプレイしてからこの作品をプレイする事をお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]