({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 rougeフォローする
販売日 2006年12月22日
シナリオ 東雅ナゴム / 火社京介
イラスト 岡崎きらら
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / 陵辱アドベンチャー
その他
ジャンル

作品内容

■ストーリー■

主人公「博亜」は予備校に通う一浪のごく普通の青年である。
ある日、同じクラスの可愛い女の子「歌織」からとんでもない「お願い」をされてしまうのであった。

『私と…Hしてくれませんか?』

突飛な「お願い」に困惑するも、彼女のあまりの真剣さに博亜は
その「お願い」を受け入れる事にした。そしてこの物語は始まるのである。

歌織との初体験以降も「お願い」は続いていた。週を追う毎に、
より過激で淫乱なものになっていく「お願い」…。
その理由をかいま見た瞬間から、好奇心を満足させるための調教は、
歌織を、ひいては歌織の家族を守る手段としての調教へと変異した。

段々と見えてくる歌織達の秘密。そして歌織一家を食い物にする謎の組織。
博亜は、敢えて歌織の願いを聞き、彼女に更なる調教を施す事を決意した。
そうする事で、歌織の身体や精神を何とか守る事が出来る…そう考えたからだ。
歌織達の家庭に秘められた理由もあって、警察もあてには出来ない。
まさに苦汁の選択。博亜は、無事、歌織達を守りきる事が出来るのか……。
それは博亜の調教次第なのである……。
調教に手心を加え、歌織のレベルアップを怠れば組織には不満が募り、
行き過ぎた調教は歌織に必要以上の負担を強いり身体に悪影響を及ぼしてしまう。
現実を見据えてギリギリの調教を施し、着々とポイントを稼ぎ組織からの無事解放を目指さねばならない。

博亜と歌織、そして玲子や翠の行く末は…?

作品情報/動作環境

ファイル容量
644.3MB
CPU
Pentium 233MHz以上 / PentiumII 266MHz以上
メモリ
48MB / 64MB以上
VIDEO
2MB / 4MB
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1a以上
その他
DirectX Media 6
ソフ倫受理番号
このタイトルはソフ倫審査済みです (受理番号0000888D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「お願い」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件