美少女ゲーム > でこポン! > いつか降る雪

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2006年12月08日
シナリオ なす
イラスト 桜桃ひな
声優 瀬戸内仁美 / とろ美 / 黒井はいね / ハヅキサオリ / 雨宮みどり / 小野大輔 / 吉野貴宏
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

★★ストーリー★★

人里離れた山間にそれは今もある……。

「白亜館」……戦前に建てられた建造物としては、
豪華すぎる白亜の大理石がふんだんに使われた
サナトリウムで物語は始まる。

白と黒の市松模様の大理石を今日も怪老は
音をたて、一歩一歩歩む。
彼は狂った半生をたったひとつの為に捧げてきた。
しかし、それもまもなく終焉を迎える。

(そう、まもなく愛しき人に出逢える……)

彼は足を止めると、ひとり薄暗く湿った地下室で
笑った……。

男は乗客のいない車内で命溢れる山の緑を
眺めていた。
最初、若々しい新緑に感嘆を漏らしたが、
いい加減飽きてきたところだった。

(今日から勤めるサナトリウムはどんな
ところだろう…どんな患者がいるのか…?)

そんな思いを乗せ、一両編成の電車は
古びた無人駅に辿り着こうとしていた……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002024
ファイル名/ファイル容量
VJ002024.zip / 835.35MB
CPU
PentiumII 266MHz以上 / PentiumIII 400MHz以上
メモリ
128MB / 256MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001157D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001157D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「いつか降る雪」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

鬱(2) 少女(2)

おすすめ!心に残るシナリオでした

2012年12月09日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

先日クリアしたのでレビュー書かせてもらいます。

結論から言わせてもらえば良ゲーです
シナリオがしっかりしており、重たい現実とご都合主義のない厳しい展開
そんな中をけなげに生きる主人公と少女たち
そして悲しみを背負う博士
そんなキャラたちの気持ちが痛いほどに伝わりました。

ピュアエンドはどれも泣きました。
特にあと一分一秒も生きられないかもしれない未来の最後の叫びと
炎の中、主人公と会えた幸せを完実まことには本当に泣かされました

正直、難易度が高く、既読スキップ、セーブポイントなどシステムの不満点は多いのですが
シナリオがすばらしかったので、言うことはありません
苦労してみたEDはどれもその甲斐があるものばかりでした。
このようなゲームをまたやりたいです。
このゲームを世に出してくれたスタッフに感謝します。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

バットエンド好きな方にお勧めです

2011年10月12日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

〜全体の感想〜
もともと各キャラエンディングがすごいという評判を聞き購入しましたが、噂どおりすごかったです。
救われようもなく、何をどう動いても待っているのは不可避の現実・・・。

〜Hシーン〜
各キャラ豊富にあり、困ることはないと思います。

〜不便だったこと〜
・過去ログが見れない
・セーブデータが10個まで
・任意セーブが出来ない(1日の終了後にしかセーブ不可)
・既読スキップなし

〜これからやる人に〜
攻略する際は、ちさとを最後にすることをお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

重過ぎる現実

2007年07月10日   投稿数 : 1位

このレビューは参考になった×4人

シナリオがとにかく重かったですね。ヒロイン達は皆何かしらの重い病を抱えていて、中には死へのカウントダウンが始まっているコもいたりするワケですから…。
プレイスタイルは、午前中に白亜館の中を移動し、ヒロイン達と会って、会話するかエッチイベントが発生するかのどちらかになり、全てのヒロインと会えば午前の行動が終了します。尚、エッチイベントは最大3回まで発生させられますが、3回エッチイベントが発生した時点でも午前の行動は終了になります。会話重視かエッチ重視かでエンドにも影響が出ます。午後の行動は強制的にイベントが進んで行きます。
重い現実に押し潰されそうになりながらも健気に笑い、毎日を懸命に生きる少女達の姿、微笑ましくも痛々しかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]