美少女ゲーム > BELL-DA > ほたる

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
ブランド名 BELL-DAフォローする
販売日 2006年12月05日
シナリオ 和泉時彦
イラスト 八月薫
声優 如月美琴 / みーな / 真琴のあ / 秋山夕子 / エレナ / 進藤陽子
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル
  • この作品は「シリアル番号発行型」の作品です。 ご購入前に必ず [ シリアル発行について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

■作品概要

藤原宗清(主人公)は、哲学と中原中也、そして酒をこよなく愛する大学教授。
そんな宗清が、ある日、教え子の豪御寺葵の運転する車に跳ねられ、病院に担ぎ込まれた。
幸い命に別状なく病院のベッドで意識を取り戻した宗清だったが、頭の打ち所が悪かったのか、
記憶喪失になり、あまつさえ自分が正義のヒーローだと思い込んでいた。
病院も悪の秘密結社のアジトだと決め付け、往診に来る医師やナース、
見舞客も敵の一味と勘違いする始末……。
はたして、宗清は正常な自分に戻れるのだろうか?

作品情報/動作環境

作品番号
VJ002022
ファイル名/ファイル容量
VJ002022.zip / 313.65MB (328888123Byte)
CPU
Pentium 200MHz以上 / Pentium 266MHz以上
メモリ
64MB / 128MB以上
必要解像度
640*480 ハイカラー
ソフ倫受理番号
受理番号0001154D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001154D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ほたる」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Windows95初期の佳作

2007年08月03日  

このレビューは参考になった×3人

レビュアーが選んだジャンル :

基本バカゲーでちょっと泣かせる系。Hシーンはあまり期待しないほうが良い。
(絵はレベル高いですが)
 記憶障害で正義のヒーローだと思い込んでしまうという無茶な展開にもちゃんと理由があります。

 Windows3.1時代に酷くつまんないゲームを連発していたBELL-DAが突然マトモなゲームを出したと当時の印象にあったゲーム。
 なんせ1995年発売のモノですから、システムは古いし、グラフィックはBMP形式なので普通に閲覧できてしまったりと、近年のゲームとは同じ土俵で評価するのがマチガイというか、もはやレトロゲームです。

 しかし、今改めてプレイしてもシナリオが良い。あまりに魅力的な主人公のぶっとんだ思考と、容易に先が読めない展開。
 廉価版ショートゲームではなく、古いけど真面目に作りこまれているフルサイズのゲームですので、細かいところ(主にシステムや音声サンプリングレートの低さ)に文句を言わずストーリーを楽しむつもりならお薦めできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]