美少女ゲーム > ポコブラック > ポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~

         
({{ product.rate_count }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2006年11月17日
シナリオ 高野童夢 でぇすて
イラスト 甲斐
声優 みずき / アヤ
音楽 wataru(月兎)
年齢指定
作品形式
テーブル / 触手対戦ゲーム
その他
ジャンル
  • この作品は「ソフト電池」の作品です。 ご購入前に必ず [ ソフト電池について ] をご覧の上、動作確認をしてください。

作品内容

◇ゲームシステム
本作は、ナンバープレイスと呼ばれる、数字埋めゲームです。
1〜9の数字をルールに従い配置します。
上手くルールどおりに数字が並べられればクリアーです。
問題を解いていくたびに更に過激なシーンを見ることができます。
全問クリアーすると、隠れ問題もあるかも!?

◆プロローグ
 ——『そこ』は、暗い闇の中だった。
 単に光がなく、暗いだけではない。
 黒の絵の具を、幾重にも幾重にも塗り込めたような……あるいは、底なし沼のような闇だった。
 その闇の中に、うごめく物があった。ざわり……ざわり……と、『それ』は、闇の中をうごめく。
 いや、正確には、その『うごめく物』に、『それ』という代名詞は当てはまらないのかも知れない。
 便宜的に、その『うごめく物』を、『彼』と呼称しよう。
 『彼』は、人の姿のようであり……それとは明らかに違っていた。
 光があれば、誰もがその『彼』の姿を見て、驚き、恐れ、嫌悪を覚えるだろう。
 『彼』は、人間ではない。その身に、無数の手……様々な形の触手を持つ、異形の者だった。
 ただ、『彼』には知性があった。
 その性質はさておくとして、普通の人間並みの『心』があった。
 世間一般に溢れる人間と照らし合わせて、一番近しい性格的類似例を挙げるなら……陰湿にして孤高。
 涼しい顔の下に、享楽的……特に淫欲に熱心で、かつ、残忍な性質を持った男……といったところだろうか。
 永き時を生きる『彼』は、常に暇を持てあまし、しばしば気まぐれで、その残忍さを周囲にまき散らしては、
 罪無き人々を蹂躙していた。
 もちろんというか、『彼』に罪の意識など微塵もない。
 欲望のままに行動する…。それが『彼』の愉しみだった。
 思いのままに振る舞い、配下に同じような異形の兵士達を率い、欲望の限りを尽くす。
 『彼』は普通の人間など『脆弱』の一言で吐き捨てられるほどの力を持っており、敵はいないかのように思われた。
 『あの時』も、『彼』は、いつもの気まぐれで、とある小国を滅ぼした。
 なにせ、人ならざる者どもの軍団である。
 あらゆる面で、普通の人間の兵士がかなうはずもなかった。
 加えて、平穏だった小さな国だ。軍備そのものが粗末で、『彼』の率いる異形の兵達の前では、いないも同然だった。
 そして、『彼』は、国を丸ごと蹂躙に掛かった。
 名も無き民草は、配下の兵に与え、自分は王族を襲った。
 城に乗り込み、王をなぶり殺した後、その妃とその娘の姫さえも…。
 『彼』は、つかの間ではあるが、満足感を得た。
 そしてそこに、『彼』にとって、思わぬ落とし穴があった。
 強大な魔力を持つ人間達の集団に包囲され、あろうことか、存在そのものを『封印』されてしまったのだ。
 強力な封印だった。初めは、身動きすら取れなかった。
 だが『彼』も、永き時を生き、人ならざる力を十二分に持った存在である。
 じわり、じわりと抵抗を続け……徐々に、封印の魔力を弱めていった。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001991
ファイル名/ファイル容量
VJ001991.zip / 90.77MB (95179547Byte)
CPU
PentiumII 300MHz以上 / PentiumIII 1GHz以上
メモリ
256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.1b以上
注意事項
※本作品は、ダウンロード販売を行うにあたり、パッケージ版を元に改変したものです。
ソフ倫受理番号
受理番号0002898D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0002898D)

ポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~の関連作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ポコゲー ~蝕プレの遺跡・母娘触手地獄~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!煩悩(誤字)トレニーング

2007年12月18日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

出題されるナンバープレイス(数独)を解き、亡国の王女と王妃が主人公に触手で嬲り尽くされていく様を読み進めていくという内容です。

一作目(ポコゲー〜触ジャラの塔〜)と同様、スタートメニューからヒロインと問題を選んですぐさま問題開始→解答して凌辱、と(解答に手間取らなければ)30分程度で一区切りつけるシンプルな流れになっています。

メインとなるナンバープレースに関しては、とくに特殊なシステムなどの無い一般的なものとなっています。
難易度は問題ごとに固定されており、大きく四段階に分けられていますが、最高難易度でも適度に楽しめる程度の難易度でした。

凌辱パートは触手プレイ一辺倒で、快楽と被虐で徐々に堕落させていく展開となっていました。
母娘別々はもちろん、二人まとめてのプレイもあります。
一つのシーンにつきCGは二枚(最終問題のシーンのみ三枚)で、差分は平均二〜三枚。
テキストの尺は、短過ぎず長過ぎずといった印象でした。

適度に頭を働かせながら、性的にほぼ無知なお姫様や豊満に熟れた肢体のお妃様を弄ぶ、触手エロスを楽しみたい方にお勧めします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]