美少女ゲーム > DISCOVERY > 小雪の朱

         
({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
ブランド名 DISCOVERYフォローする
販売日 2006年11月10日
シナリオ 古月拓海
イラスト サクライユウイチ
声優 和泉あやか / 美咲ゆうか / 秋月まい / 一宮桜 / 大花どん / 彩世ゆう / 鷹取玲
音楽 あるるかん
その他OPテーマ:『Snow Mirage』/EDテーマ:『Passenger』 唄:SATOMI
年齢指定
作品形式
その他
ジャンル

作品内容

猛吹雪によって陸の孤島と化した学校を舞台に、数人の生徒と女教師が繰り広げられる青春ストーリー。
やることもなく時間を持て余していた主人公らは、ひょんなことから学校に伝わる
七不思議を探索することになる。しかし、そこで主人公らが遭遇したのは、主人公らが目を背けてきた
「向き合いたくない別れ」であった。非日常的な空間の中で、主人公らは、
それぞれの「現実」と直面し、心が大きく揺さぶられる。はたして、それぞれが導き出す「答え」とは……?

★ストーリー

学校が猛吹雪のため休校になった。しかし、その連絡が当日の朝だったことから、
うまく情報が全校生徒に伝わらず、何人かの生徒が登校してしまっていた。麻生進也(主人公)も、その中のひとり。
進也自身は、事前に休校の連絡を受けていたものの、連絡網の次の相手・和泉絢が既に家を出てしまっていたため、
後で文句を言われるのも癪だと、仕方なく、彼女を追っかけて登校していたのだ。
絢に代休のことを告げて、早々に自宅に帰ろうと思っていた進也だったが、
ちょっとしたトラブルに巻き込まれているうちに、吹雪は酷くなり、視界もほとんど失われてしまっていた。
結局、今、外に出るのは危険ということになり、進也を含む数人の生徒と、ひとりの女教師が、
吹雪が弱まるまで、このまま学校に待機することに……。

作品情報/動作環境

作品番号
VJ001985
ファイル名/ファイル容量
VJ001985.zip / 888.09MB
CPU
PentiumII 266MHz以上 / PentiumII 350MHz以上
メモリ
160MB / 256MB以上
必要解像度
800*600 ハイカラー
DirectX
DirectX8.0以上
ソフ倫受理番号
受理番号0001063D

このタイトルはソフ倫審査済みです
(受理番号0001063D)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「小雪の朱」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

青春ストーリー?

2010年02月15日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

青春ストーリーとなってますが実際プレイしてみるとホラーのような気がしたのは気のせいでしょうか・・・
吹雪により校内で監禁状態に陥った数人の学生と教師が絆を確かめ合いながらそれぞれの気持ちを補完するという感じのストーリーです。

ヒロイン達は何かしら心が病んでいるもしくは悩みを抱えているのでそれらを解決して各ヒロインと結ばれる流れですが某ストーリー中に幽霊?や異空間などさまざまな怪奇現象など飽きさせない・・むしろ飽きずにコンプできたのでこういうお話もいいと思いました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]